顔を見せたい犯人と隠れたい犯人

Ci091109195026 Ci091109195300 英国で9月の住宅強盗の容疑で警察から追われている男が、自ら顔写真を送り付けた。それも犯行地域で警察の車の前で撮った写真を、、。 

サウスウェールズ South Wales警察は、スワンシーSwansea,で起きた住宅強盗事件で指名手配しているマシュー・メイナードMatthew Maynard容疑者(23)の写真をメディアに公開、地元紙にその写真が掲載されたが、容疑者はその写真が気に入らなかったようで、自分から警察車両の前に立つ自分の携帯電話で撮った写真を同紙に送り、同紙がその写真を1面に掲載した。 警察は「スワンシー地域の人々は、現在の彼(同容疑者)がどのような風貌(ふうぼう)なのかを知ることができる」とコメント。捜査に協力したとして同容疑者に謝意を表明した。 しかし、こうも警察は言っている「彼に理性 senseという物がないのなら、さっさと姿を現しなさい」。。つまり、お前はバカかといっている。どっちもユーモ アセンス抜群です! 顔がばれないように整形までして逃げる犯人がいるかと思えば、英国では自分から手配写真を送る犯人が居る。今年のユーモア大賞を上げたいくらいのコソドロ君だが、現在まだ逃走中、、。(左が警察発表の写真、右上が容疑者が送りつけた写真)1up734720091109-851632-1-L

  2007年3月、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん (当時22歳)の遺体が見つかった事件で、市橋達crm0911100019000-p1也容疑者(30)(死体遺棄容疑で全国指名手配)が  今年10月11日まで1年1か月間、大阪府茨木市内の建設会社の寮に住み込み、土木作業員として  働いていたことがわかった。右下が市橋容疑者。常に赤い帽子とめがねを着用。打ち上げでの仲間との写真でも隠れようとしているのが分かる。  (右下市橋容疑者とその右はネット上でシロウトが造った想像写真、左下の警察発表の写真よりは良い出来だろう。これは仕事の同僚の手書きだというが、警察は仕事サボりすぎじゃないか?そもそも2007年に捜査員6人が市橋の自宅に出向いて市橋に蹴られ、取り逃がした失態が大きい。) Ci091110231537

11月10日 市橋容疑者大阪で確保 10日夕方7時前に大阪市住之江区内から「市橋容疑者に似ている男がいる」と110番があり、警察官が駆け付けて南港フェリー待合室で男に職務質問したところ「市橋です」と認めた。沖縄に向かう予定だった。それにしても英国大衆紙TheSUNの報道は早かった。10時前にはインターネット記事がでて特集記事が用意されていた。おそらく逮捕を見越して用意されていたのでしょう。(この逮捕も民間人の通報だというが、高飛びしそうな駅などは要警戒するのが捜査の常道じゃないのか?)

広告

2 Comments

  1. よりばば
    Posted 2009年11月10日 at 2:38 AM | Permalink | 返信する

    日本の警察、こんなんだから、時代遅れで犯罪先行。警察は、このシロウトの方を、特別待遇で雇ったがいいんじゃぁ!英国のコソドロ君、確かに 送りつけた方が、強そうな凄みのある顔つきですね。

  2. 案山子
    Posted 2009年11月10日 at 9:00 PM | Permalink | 返信する

    ああねー  外国 飛べば 良かったのに   整形 お金 かかったろうに

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。