食事のマナー

images

  近距離の電車やバスの中で、おにぎりや弁当、ハンバーガーなどを食べている若者やサラリーマンを見かけたことはありませんか。低下する大人の飲食マナー。個人の良識に委ねられる部分が大きいとはいえ、迷惑行為に目をつぶらない社会のコンセンサスが問われそうだ。(記事より抜粋) sty0911170756000-n1

こういうことはもう少し厳しく規制したほうが日本人の為だろう。長距離でも、ニオイのきついものや、音の出るものは控えるべきだろう。

昔から気になるのは、日本人の食事のマナーがひどくなってきた事で、その元凶がTVなどではないかと思う。大食い番組は何とか自粛になって見なくなったが、まだ芸人の貪(むさぼ)り食いは目に付く。何か豪快に食べるのが格好いいとでも思っているのか、教養のありそうな芸能人がガツガツ食べるのを見るとがっかりする。

欧米のマナーでは、と言うより当然のように食べるときは余り口を動かさないと言うのが定着している。そもそも、ナイフとフォークを使うのは、細かく切って口を大きく動かさなくて済むようにということで普及した。日本も昔はそうだったはずで、人前で物を食べる事さえ恥じるマナーもあったはずだが、TVで芸人がだらしなく食べる事でいつの間にか壊れてしまった。食べ方ではほとんどの芸人が落第で、個人的には料理番組で合格なのは「堺マサアキ」さんくらいだろうか。彼はしゃべりながらもきれいに食べる。あとは、そもそも口もとがだらしない。食べてなくても口元のだらしない芸人さんが多い。さんま、久本、スマップの香取、仲居、ダウンタウンやトンネルズ、 今までで最低だったのはジミー大西、師匠がさんまでは仕方ないか。とにかく上げたら切りがない。歯並びと食べ方の汚い芸人は絶対国際的にはなれないだろう。マナーが悪いと他人を不愉快にさせる、そこから無教養な人間と判断されてしまう。海外でホテルマンをした経験からいえば、音を立ててムシャムシャ食べれば、隣のテーブルから水が飛んでくるくらいの覚悟はしたほうがいい。それほど欧米人は神経質に食べ方にこだわる、冗談ではなく。

以前、某お茶漬けのCMで俳優が音を立てて豪快にゴハンを掻き込んで食べるシーンが出た。自分も投書したが、多くの投書があったようですぐに姿を消した。ああいう演技を求める制作ディレクターの品性を疑うし、容認するメーカーも品がない。しばらくすると同じメーカーのCMに香取信吾が登場して、これはまたムシャムシャと品がない食べ方をした。恐らくまた顰蹙(ひんしゅく)を買ったのだろうすぐに消えた。子供が多く見るバラエティーなどでは食べ方のマナーをもっと重視したほうがいいし、芸人も食べ方はもっと意識したほうがいい問題だ。ましてや、通勤電車の中でおでんや弁当を食べるなど、迷惑以外の何物でもない。歩きタバコで罰金を取られる世の中、まさに罰金物である。

広告

One Comment

  1. 案山子
    Posted 2009年11月18日 at 11:26 PM | Permalink | 返信する

    お早う 御座います はい 何処でも 平気で 人前で食べてますよ  私は嫌ですね  見るのも見ににくい です

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。