積雪30~50cmほどで建物倒壊!

m94604

中国北部では30年から100年ぶりという雪が降っているが、積雪が30cmほどで建物が倒壊。死者が出ている

山西省では11月11日と12日の2日間で、野菜市場や学校の食堂など数十か所が倒壊。市場の屋根が雪の重みで倒れて負傷者が出たほか、ガソリンスタンドの屋根が押しつぶされる事故が発生。また、救急センター車庫の倒壊により救急車が出動不可能となる状態とm45633なった。(写真 右

1 2日、山西省長陵道長治市付近の区間で雪の重みでつぶれたガソリンスタンドの屋根、同省石家庄市の積雪量は49cm写真 左

河南省では多くの地区が大雪に見舞わm85979れ、鄭州市の積雪は32cm。一部地区では100年に一度の積雪量となった。12日、同省開封県の中学校で1000平方メートルの仮設食堂が倒壊し、学生1人が死亡、7人が重軽傷を負った。同市では、中古車展示場の屋根が突然倒壊し、展示車両8台が押しつぶされた。幸いけが人はなかった。(写真 右下

また、同市沙口路北の工事現場内にあるプレハブ4軒が雪の重みで押しつぶされ、中にいた作業員10人が下敷きとなり、うち2人が死亡した。

いずれも信じられないほどの少ない積雪で大型施設が倒壊している。これだけ見ると建築の強度計算と言うのはほとんどされていないのではないだろうか?やがてアメリカを追い越して世界一のエネルギー消費国になる中国を世界のガソリンスタンド企業が狙っている。アメリカのエクソンなどは米国内のスタンドを止めて中国進出を計画中。こんなニュースを見て、恐らくたまげているだろう。

中国北部で9日から続いている大雪で、15日午後2時までに32人の死亡が確認されたと述べた。中央・各地政府が救援作業を続けており、損保会社の保険金支払いも始まった。被災地は河北・山西・山東・河南・湖北・陜西など各省に広がり、被災者は960万人。耕作地の被害は295万3000ヘクタールで倒壊した建物は約1万5000棟、直接の経済被害は69.6億(16日為替レートで約912億円)という。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。