リトアニアの悪ガキ 子犬を橋から、、。

article-1228987-0744F88C000005DC-579_233x305article-1228987-0744FA2B000005DC-724_233x290

   こういう馬鹿は思いっきり懲らしめたほうがいいだろう

左の写真のこの男、わざと橋の上から犬を投げ落とし、その様子を携帯で撮影しインターネットに流したが、それを見て怒りに燃えた閲覧者から正体を突き止められた。男はリトアニアLithuaniaの Svajunas Beniukasと言う男で、写真で見れば典型的な悪ガキの人相のこの男、なんと「犬は空を飛べるか」というくだらない事を言いながら子犬を投げ下ろし、友人がそれを撮影した。結果はネットユーザーや警察に身元を割り出され、観念したのか出頭した。

何も知らない子犬のPipiras(Pepper:コショウと言う意味らしい)はその瞬間まで22歳の悪ガキの腕に抱かれている。橋下は未舗装の道路らしく、通過する車が来ないのを確かめて子犬のPipirasは残酷にも橋下に投げ落とされた。男たちは全部で3人だったようだ。

奇跡的に子犬は一命を取り留めたが、閲覧者には道路の騒音に混じって子犬の泣き叫ぶ声が聞こえ、映像は余りにショッキングで、多くのサイトが全部の映像を流すのを控えたほど、、。子犬は救助されたが、複雑骨折と内臓に損傷を追いながら命だけは助かった。

残酷な映像は、リトアニアだけでなく国外にも流れ、世界中が憎しみに沸きかえり、犯人の追求が始まった。関係機関も交えての調査で、子犬の落とされた橋はリトアニアで二番目に大きい都市KaunasのVilkija地区の橋だと判明。その後の警察の調査で、男はBeniukasと分かり、その男は警察に自ら出頭し逮捕された。この男は窃盗(この子犬?)ですでに警察が捜査中だった。この子犬が母親のニワトリを殺した事で、子犬を盗んでの復讐だったらしいが、彼はKaunas市の警察で動物虐待の罪で起訴され、有罪となれば約1年の刑務所送りになる。警察は後日インターネットで、捜査に協力してくれたウェブサイトや閲覧者に感謝の意を表明した。下の写真は映像から、左端から投げ落とされるまで、、。と、収容先のPipiras。とにかく助かってよかった。元記事    動画記録:ひどい映像だが、子犬は助かったのでご安心を

article-1228987-07446689000005DC-722_468x403article-1228987-07446765000005DC-934_468x286  article-1228987-07446878000005DC-23_468x286 article-1228987-07446683000005DC-581_468x318

広告

2 Comments

  1. よりばば
    Posted 2009年11月22日 at 2:54 AM | Permalink | 返信する

    過去の貴ブログの 「行け!行け!突っ込め~!」おバカさんさん御用 と同じレベルの幼児のまんまの青年!日本だけじゃないんですね、大人になれない人達は!子犬の命があってよかった。Pipirasの飼い主の方、お世話が大変ですが、優しく介抱してあげてください。

  2. pae*
    Posted 2010年1月12日 at 8:30 AM | Permalink | 返信する

    私はつい最近知ったのですが、本当にひどい話です。泣いても泣ききれません。この男には同じ橋から投げ落とされてほしいです。そしてそのまま同じように3日間放置されてほしいです。Pipirasは数日後に天国に行きました。リトアニアの動物虐待における法はまだまだゆるいらしく、世界中にはこの件でこの男の裁判の再開を求めている人々がいます。インターネットで署名するページもあるので、広めてください。http://www.thepetitionsite.com/5/re-open-the-trial-against-the-dog-thrower-please

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。