アフガニスタン支援 不慣れな日本には無理な話

index

  アフガニスタン援助の実態:巨額はどこへ消えるのかという英文記事の翻訳から抜粋

米国国際開発庁(USAID)は2009年初め、『コミュニティ安定化プログラム』(Community Stabilization Program)から手を引いた。このプログラムは、6億4400万ドルの資金を費やして、イラクで仕事や公共事業を作り出すというものだった。、、だが、数千人のイラク人たちがゴミ拾いや壁にペンキを塗る仕事でお金を稼げるようになった一方で、このプログラムは不正行為を招きやすいものだった。バグダッドにいるUSAIDの監察長官は、2008年3月の監査で、数百万ドルの資金が反体制派によって吸い取られた可能性がある、との懸念を示した。

このことはアフガニスタンにもあてはまる。、、「現地に(復興資金で)建てられた豪華な新築の邸宅を、米国の土木業者や国連機関、大使館、それに法治プロジェクトを請け負う団体などが1ヵ月あたり数千ドルで借りているとしたら、説明責任を果たすという欧米の公約はいったいどうなるのだろうか」とNathan氏(『Foreign Policy』紙)は批判する。

アフガニスタンで使われている数十億ドルのお金の大半は、何段階もの下請け業者を経由する中でほとんど失われ、現場には実質的効果をほとんどもたらさないケースが大半だ、という話だけがアフガニスタンの人たちの耳に入っている。、、このような状況では、どのような契約が交わされていようが、それは腐敗と見なされる。さらに、援助によって政府高官の縁者が富む状態も、アフガニスタンの人々を怒らせているという。

New America FoundationのPeter Bergen氏とSameer Lalwani氏は、『New York Times』紙(電子版)10月2日(米国時間)付けの記事で、アフガニスタン政府に支払われた数十億ドルもの対外援助資金は、コンサルタントたちに払う給与や諸経費の形で、あっという間に、援助を行なった国に還流していると指摘している。、、一般のアフガニスタン人は、SUV車であちこちを見て回る外国の開発コンサルタントの姿は大勢見かけるものの、ほとんどの場合、開発企業がやって来たことによる実質的なメリットはほとんどないという。 日本語翻訳記事   英文元記事

日本政府も復興支援で5年間で最大50億ドル(約4500億円)の援助を予定してるが、日本より手馴れたアメリカでさえこんな結果にしかならない。ましてや、天下りやら、談合、政治献金で有名な日本がまともな事をするだろうか?疑問と言うより、もうすでに、てぐすね引いて待っているのが日本国内に居るのだろう。血税を使って、反感を買うだけはしてもらいたくない。 写真は貧しいアフガンの高級ホテルで遊ぶ復興成金

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2009年11月27日 at 1:43 PM | Permalink | 返信する

    甘い汁に群がる金の亡者達。いずこの国も同じ。人間ってどこまで、欲深いのでしょう。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。