指名手配似顔絵、、色々あるもんだ。

article-1230280-0754D3F2000005DC-386_233x301 article-1230280-0754D3D9000005DC-205_468x440 犯罪捜査には犯人の似顔絵やモンタージュ写真は欠かせないが、南米ボリビヤの似顔絵が話題になっている。先週のタクシー運転手殺害容疑の犯人の似顔絵がこれで、なんと今週めでたく逮捕された。ボリビアでは容疑者の素顔は公開できないので、捕まった容疑者に先の似顔絵を貼り付けて公開。それが右端で、今度は親切に色が付いている。それにしても刑事の勘が良かったのか、それほど似ていたのか?

下は世界で有名なヒドイ似顔絵などで,左はすでに捕まった市橋容疑者の変装後の似顔絵、その右ののっぺらぼうは、史上最悪といわれるポルトガル警察がMadeleine McCannちゃん誘拐事件で発表した女性容疑者のモンタージュ、これじゃなんだかさっぱり分かりません。 その右は、これまた顔が見えない似顔絵で、去年の英国サウスウェールズの窃盗犯人の似顔絵、下、右端はニュージランドからですが、写真は英国の有名な中年の俳優さんで、人相が似ているので、これで16歳の強盗犯を想像してくださいというもの。了解は取ってあるそうですが、想像しろといわれても、、。

article-1230280-07550DC5000005DC-776_468x491 article-1230280-0754FFA9000005DC-456_468x490

article-1230280-075513B5000005DC-477_468x548

1835_GalapagosNotebook_EH1.17_001.jpgkk

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2009年11月25日 at 11:59 PM | Permalink | 返信する

    私も、もし警察で犯人の顔について訊かれたら、左から3番目とまでは、いかなくても、少ししか思い出せないのではと思います。それにしても、右端のは、本人が同意したとはいえ、変!

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。