中国で成り立たないセルフバー

20091125165232-1 中国メディアによると、ピザハットが23日午後、中国全域のピザハット店からセルフサラダバーメニュー(サラダを一皿分だけ自由にとって良い)をなくすと発表した。 ピザハットが中国に進出してから19年目のことだ。 中国国民はこれを惜しんでいる。
  ピザハット側からは「幅広いメニュー選択のためのリニューアル」という公式説明があったが、ピザハットは今回の措置に対し「客の‘サラダ搭’づくりによる赤字のため」と告白した。 中国のピザハットのサラダバー利用価格は32元(約410円)で、お代わりはできず1回に制限されている。このため一回にできるだけ多くの量を取ろうとする客が‘サラダ搭’を作って食べるのが流行していた。

そのサラダ塔(サラダのてんこ盛り)が写真のような、ほとんど芸術的な大盛りサラダで、これでは幾ら一回だけに制限しても店が大赤字になるのも納得できる。しかし、中国の方と言うのはどうしてこうも食い意地が張っているのか?更に言えば、サラダが当らないかもしれない他の人のことは全く考慮しないようだ。こういうマナー違反がレストランの中で大声を出したり、食後の後が汚かったりということにつながるのだろう。こういうマナーの悪さがそのまま海外でも出るから海外でも嫌われる。

広告

2 Comments

  1. よりばば
    Posted 2009年11月27日 at 12:54 PM | Permalink | 返信する

    こんなに盛られちゃったら、赤字になりますよ。食べ切れるんですかね。それにしても上手に積み上げてますね。

  2. kako
    Posted 2009年11月27日 at 3:14 PM | Permalink | 返信する

     芸術的な盛り方・・・   たべるんじゃなくて 盛り方競争にしか見えない。   中国人相手の商売は 食べ物だけはやめたほうがいい。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。