拒食症モデル ロシア

ロシア紙のPraudaが12月3日付の記事で、拒食症Anorexiaの恐怖を訴えている。拒食症の90%12歳から24歳の女性で、残り10%がそれより年長の女性と男性だと言う。拒食症と言う病気は、太ることへの恐怖から体重を減らしたいとする病理的な願望が伴うものであり、患者は自分自身への認識をゆがめ、つまり「自分が痩せている」と言うことを理解出来ません。そのために、食後におう吐を繰り返したり、腸内洗浄を行うような過剰なダイエットに走ります。という説明がエルエルにありました。とても普通人には理解できないのですが、、、。

その記事に掲載されていたロシアのモデルの痩せぶりが半端じゃない!ここまで行ったら精神治療を受けないとまずいレベルで、本人には自力で回復は難しい。それにしてもよく立って居られるものです。

3-382 2-391

5-332

6-264

広告

3 Comments

  1. 案山子
    Posted 2009年12月7日 at 10:56 PM | Permalink | 返信する

    御痩せ  良いですね  此処まで なれば゛ 有名 日本人 居りませんね 痩せて 人気 出るのに ね骸骨  其の者 裸 見たいですね   ミイラ   ですね   めまいも せず 居れるは 不思議

  2. のび子
    Posted 2009年12月7日 at 10:59 PM | Permalink | 返信する

    ミイラみたい。。。。。ほやけど。。。うらやましい・・・

  3. よりばば
    Posted 2009年12月9日 at 12:46 AM | Permalink | 返信する

    熊本でも、本物の人体模型の「人体の不思議展」がもうすぐ、開催されますが、これは、生きながらの「人体模型」…

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。