どんどん出てくる新野菜 インカルージュ

inka_590

20091201-252021-1-N 北海道農業研究センター(北農研)の記事によれば、ジャガイモの新品種「北海98号」が、「インカルージュ」の名称で、2011年秋から市販されるとのこと。インカルージュは、赤い皮と黄色い肉を持った一見、サツマイモのようなジャガイモで、煮物やフライドポテトなどの料理に適している。北農研は黄色い肉でクリのような味覚を持つジャガイモインカのめざめ」を栽培する中で、茎と皮の色が変化した株から収穫されたイモを栽培し、インカルージュを育成した。皮の部分に紫外線防御作用があるといわれるアントシアニンを含み、抗酸化作用で知られるカロテノイドも「インカのめざめ」より多く含んでいるというho06016-z1

  生身が黄色くて栗のようなジャガイモ「インカのめざめ」()はすでにあったんですが、今度の新種「インカルージュ」()は写真のように見た目もサツマイモのよう、、。まだ発売になっていませんが、人気が出そうです。こういう新品種はレストランなどに引っ張りだこで、農家にとっても換金率のいい作物のようです。最近は、ラーメンの麺に最適な小麦とか、おいしく冷害に強い米とか、北海道の新品種がヒットしています。ナッツの風味があるそうで、市販されたら頂いてみたいですね。左下の写真は二つ並べた写真。

広告

3 Comments

  1. よりばば
    Posted 2009年12月9日 at 12:36 AM | Permalink | 返信する

    ジャガイモなのに、ナッツの風味?2011年が待ちどうしいです。

  2. のび子
    Posted 2009年12月9日 at 1:45 AM | Permalink | 返信する

    うまいのん???

  3. 案山子
    Posted 2009年12月10日 at 4:28 AM | Permalink | 返信する

    其の芋 九州 も 有りますよ 土かげんか 余り 良くないですよ 荷崩れ煮崩れ して 良くないそうです蒸かし芋 に 向いてる のかも です

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。