牛の糞からエコ・レンガ

EcoFaeBrick_comparison

ウシのフンでできたレンガ「EcoFaeBrick」がインドネシアで生まれた。EcoFaeBrickの原料の75%は、インドネシアのジョクジャカルタ(Jogjakarta)やGodeanなどの牧場で飼育されているウシの糞だ。以下の画像でもわかるように、このレンガ(画像左)は、通常の粘土レンガ(画像右)と見た目に変わりはないのだが、通常のレンガに比べて20%軽量化され、かつ圧縮強度が20%高いそうだ。また、生産プロセスにおいても環境に配慮されており、焼成過程では従来の薪燃料ではなく、牛糞からのバイオガスを使用している。これにより、二酸化炭素排出量が年間1,692トンも削減され、森林資源の保全にもつながった。

EcoFaeBrickは、酪農・畜産業が盛んな地域での廃棄物問題の解決と地元経済の発展をミッションに掲げ、2009年、インドネシアの経営学大学院「Prasetiya Mulya Business School」の学生チームにより設立された。実際、レンガの原料を粘土から牛糞に転換したことで、53ヘクタールもの農場の土壌を守り、牛糞処理のための廃棄コストも削減できたという。また、地元農民との連携も重視した結果、彼らの収入を平均53%も増加させ、地域経済の発展にも貢献している。温暖化ガスの排出削減、土壌保全、廃棄物の軽減、そして地域経済の活性化という”一石四鳥”を実現した彼らの取り組みは各界で注目されており、米カリフォルニア大学バークレー校(University of California Berkeley)が主催するソーシャルベンチャーコンテスト「Global Social Venture Competition」では、25カ国311通の応募の中から見事グランプリに輝いた。今後はインドネシア国内のみにならず、東南アジア・アフリカ・南米でも同様の取り組みを進める方針だという。

日本の大学生の社会的参加と言うのを最近さっぱり聞かなくなった。バイトして、就職するしか頭にないのだろうか?インドネシアの学生さんが作ったのは牛の糞を利用したレンガ。焼くためのガス燃料も牛糞から。いい事尽くめのこのレンガ、写真で見るように全く普通のレンガ。詳しい造り方は書いていませんが、これは日本でも応用できるんでは?

Photo06

Photo04

Photo02

広告

2 Comments

  1. 案山子
    Posted 2009年12月12日 at 10:08 AM | Permalink | 返信する

    ウンこ 混ぜて 作ると 軽い物が 出来ます  良いでしょうね 

  2. kako
    Posted 2009年12月13日 at 1:10 PM | Permalink | 返信する

     鳩山首相もガス排出削減の取り組みを 広く考えたらいいんじゃないかと思える学生の発想   埋もれてる人材発掘を重視すべきじゃないかと。     このレンガ、販売するなら 塀にしたいわ。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。