ベルルスコーニに投げた置物。

erp0912142207005-n1 イタリアのベルルスコーニ Berlusconi首相73歳は12月13日午後6時半ごろ、北部ミラノの大聖堂広場の政治集会で支持者と握手を交わしていた際、顔に土産物の置物を投げつけられ、全治15~20日のけがをし入院した。護衛が42歳の男Massimo Tartagliaを取り押さえ、警察に引き渡した。ミラノ署は男の背後関係や動機を調べている。全治3週間で入院中。(左、首相、右犯人)

犯人の職業は電気技師とやらグラフィックデザイナーとやらはっきりしないが、精神科での治療経歴がさっさと報道された。それが本当か偽装工作かも分からないが、一体何の置物を投げたのか?それにしても、マフィアにまで脅迫されているのに、警護が情けないほどお粗末だな。

結論的には下の写真と同じタイプのミラノの大聖堂Duomo of Milanのミニチュアだったようです。実物は14世紀から19世紀に渡って造られた大聖堂です。

投げつけれた大聖堂と同じもの思われるのが写真中央で、下左は投げる瞬間、右端は大聖堂の外観です。実際は130本あまりの尖塔が針のように突き出ていて、忠実な造りの置物ならどうなった事やら。

1920702-Il_Duomo_di_MIlano-Milan

article-0-0798AD7D000005DC-985_235x182

article-0-0799D92F000005DC-586_468x286

広告

3 Comments

  1. 案山子
    Posted 2009年12月15日 at 11:07 AM | Permalink | 返信する

    日本では  投げる 勇気の 記者  居ないのですね 

  2. kako
    Posted 2009年12月15日 at 1:03 PM | Permalink | 返信する

    アメリカ映画「ボディーガード」を思い出したけど、実際には無理なのね~ ミラノ大聖堂のミニチュアで殴られるとは よほど嫌われてるのね この首相。。

  3. のび子
    Posted 2009年12月15日 at 2:06 PM | Permalink | 返信する

    情けないおっさんやなぁ。。。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。