ロボットが「ホールドアップ」

virginia-hostage-cp-7865262 2-andros-mark-va-1 23日午後2時半(日本時間24日午前3時半)ごろ米バージニア州Virginia StateウィザビルWythevilleの郵便局で、銃を持った車いすのWarren A. (Gator) Taylor 53歳が 人質5人をとって立てこもっていた事件で、約8時間後の23日深夜、男が警察の 説得に応じて投降し、身柄を拘束された。

軍用爆弾を所持しているとの情報もあったため、警察側は最新式の銃携帯ロボットV-A1 robotを車いすの男に向けて「ホールドアップ」。 男は両手を上げたまま、爆弾が装備されている疑いのある車いすから離れ、地面にうつぶせの姿勢をとった。動画

戦地にも実戦配備されている爆弾処理ロボットで、バージニア州に3台ある。戦地では確か余り評判はよくなかったが、こんなところで活躍とは、、。それも退役海兵隊員に向けて、、。まだ動機ははっきりしないが、恐らく退役後の待遇に不満だったのではと思うけど、実際に男が要求したのは「ピザ」だった。腹が減って???、。写真は手を挙げる犯人と、リモコン操作する警官、左はV-A1と言われる同タイプのロボット。

広告

One Comment

  1. 案山子
    Posted 2009年12月28日 at 11:22 AM | Permalink | 返信する

    テッポ 持った ロボット 犯人 勝ち目 有りません ね 

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。