Firefox3.66~メモリー解放アドオンMemory Fox 3.3

 タスクバーのプロセスで見ればfirefoxのメモリが相当大きな数量になる。随分いろんなアドオンを試したが、SQliteなどはどうも他に障害を起している気がするし、思ったほど効果が無くて削除した。当然、縮小画面にしたときにメモリが減るレジストリ操作もしているが、これもイマイチ。困るのはページングファイルの使用量が増えて一向に減らずかなり重くなること。見つけて試したのが Memory Fox 3.3 というアドオンで、これはタブの移動のたびにメモリを減少させ、ページの読み込み終了時にも読み込み完了後に自動でメモリを解放してくれる。ただしFirefoxでは承認していないと断りが付いているが、使用者のコメントの「いいよ!」に負けて入れてみる。ためしに10個ほどサイトを開いてみたが、重くなることは無かった。注意としてはすでにアドオンの AFOM 2.0.  AFO-Plus を導入している場合は先に削除してからという事らしい。念のため アドオンの SQLiteなども入れていれば削除か無効にしたほうがいいかもしれない。(これは個人的意見です)

このアドオンの導入は、記事の中のリンクを開き、Firefoxに追加からダウンロードできます。入った後でツールからアドオン画面を開き、そこに入っているMemory Fox 3.3設定を押します。

下の左の画面が開きますので、一番下左の☐Activate~ のなかにチェックを入れ一番下にあるOKを押します。後は今のところ詳細が不明なので自分はいじっていません。数字の入っている部分は、上から 0,0,1,3 となっているはずです。紹介記事には「Delay Settings For Memory Recovery and Retention Process」の下の項目2つを「1」Minutesにするという書き込みがありますが、その効果が検証できないので自分は両方が0です。分かる方コメントください。次にアドオン画面を閉じて、次にFirefoxの閲覧画面を開きます。そこでツールを開き(下右の図)、その中にすでに入っている MemoryFox を押し、右に出たサブメニューの上の部分(ActivateMemoryfox)を押してグレーに変えます(上が 起動 で、下Deactive Memory Fox が 常駐解除 です)下の右の図ではすでにグレーになっています。これで完了です。あとは全て自動で、きびきびとメモリを減少してくれる。今のところ悪い影響は出て来ないので、興味があればお試しください。また、結果的にFirefox終了時のメモリの解放もかなり速くなっている。もちろん不要ならアドオン画面で無効か削除すれば良いだけです。随分いろんなのを今まで試したが、これが一番効果があるように思う。新しいアドオンなのか紹介記事が少ないので保存記事にしておく。(経験では、パソコンのメモリが512Mb、あるいはそれ以上の方は、マイコンピュータを右クリックでプロパティ、詳細設定>パフォーマンス>設定>メモリ使用量のシステムキャッシュにチェックを入れてからの方がいいように思います。効果はタスクマネージャーのパフォーマンスを開き、物理メモリの利用可能の数値の戻り方、プロセス画面でのFirefoxのメモリ増減で確認してください。その上のグラフの上下も参考になります。効果はサイトの閲覧など、多少使ってから出てきます)マシンは両方ともXP SP3 です。無題1 無題5

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。