メキシコ ElTeo 逮捕される

teo420-420x0 1月13日の報道によれば、元バハ・カリフォルニアBaja california州の「アレラノ・フェリックスドラッグ カルテルArellano Felix drug cartel」の幹部で、このカルテルと血生臭い抗争を繰り返し逃亡中だったメキシコ麻薬マフィアの大 ボス テオドロ・ガルシア・シメンタル 通称 ElTeo エル・テオ (Teodoro Garcia Simental)がカリフォルニアに近いメキシコ北部ティファナTijuana近郊La Pazで捕まった。エル・トリート”と呼ばれる兄弟も逮捕された。以前 邪魔者は溶かせ と言うブログにこのボスの事を書いたが、捕まった写真(右)ではしっかり太って別人のようだ。この男、メキシコでも有名な凶悪犯で、警察の推定だけで、捕まった部下の自供から300人を溶かしている。殺しかたが尋常でなく、残酷な拷問の果てに、首を切る、ロープで橋からぶら下げる、ガソリンで焼き殺す、更には苛性ソーダのたるに入れて溶かしてしまう。

今回もメCuerpo-de-Arturo-Beltrán-Leyvaキシコ海軍の精鋭が作戦を実行arturo-beltran-leyvaし、昨年12月にメキシコシティーで政府の作戦中に射殺されたカルテルのボスArturo Beltran Leyva(写真左)につぐ大物の逮捕だった。このボスも殺人の残酷さで有名で、敵対する相手やその関係する女、子供から政府関係者、検事たちを殺しまくり、最後は無数の弾丸を打ち込まれて絶命した(左下)。今回のテオの逮捕は、数ヶ月に渡るメキシコと米国情報部の共同作戦の結果で、メキシコの麻薬戦争ではこの男テオTeoが台頭した2006年末から3年間で、約17000人が麻薬抗争の犠牲になったといわれている。あと、捕まっていない大物ボスとしてはシナロアカルテルの 通称:エル・チャポ がいる。 メキシコ麻薬勢力図

広告

4 Comments

  1. ニコラス
    Posted 2010年1月14日 at 8:05 AM | Permalink | 返信する

    とても怖いですね!

  2. 案山子
    Posted 2010年1月14日 at 9:06 AM | Permalink | 返信する

    お金が怖いのか 麻薬が怖いのか する事が゛ 怖いですね 

  3. のび子
    Posted 2010年1月14日 at 2:46 PM | Permalink | 返信する

    わ!!太りすぎ。。。。だれかわからんやん。。。別人ちゃうか???

  4. kako
    Posted 2010年1月14日 at 4:14 PM | Permalink | 返信する

     目には目を~~  こんな残酷な男には ハムラビ法典を実施して 殺された人たちの苦しみを思い知らせましょう。  

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。