ミーちゃんのルーツ調べ、どうも北欧らしい。

xc20043 evelina6mnths12 体もそこそこ大きくなったミーちゃんの先祖を調べてみた。特徴は長い毛、大きなシッポ、胸と首の周りのフサフサした感じ。いましたね、ソックリなのが。写真はミーと似た感じの猫でノルウェージャンフォレストキャットといい、特徴はミーとソックリ。自分が北欧に住んでいた頃、大きなシッポの猫をたくさん見たが、それもそのはず、ルーツは北欧だった!どうりで雪も怖がらないし寒がらないはずです。ミーはノルウェージャンフォレストキャットの血統らしく、アメリカにわたって増えたというからアメリカから来たのでしょう。ミーはまだ子供ですから、多分毛はもっと長く、シッポも左の写真の様にに大きくなるでしょう。今でもシッポを膨らませると左のような感じです。直訳すれば「ノルウェーの森の猫」、、確かにそんな感じのミーちゃんです。写真は二つともノルウェージャンです。混血でいろんな毛色がいるようです。もらったときは普通のキジトラだと思ったのですが、北欧の種類とさらに日本のキジトラとの混血らしい、、。下は図鑑からの説明 人なつこく、寒さに強く、毛が抜けないので飼いやすいネコでしょう。

ノルウェージャンフォレストキャットネコの品種のひとつである。長毛種。原産はノルウェースカンジナビア半島を中心とした北ヨーロッパで、非常に寒冷な気候でも適応している。ノルウェーでは、このネコはよく知られた存在で、スコッグ・キャッターSkogkatter”もしくはスコウキャッターSkaukatter”と呼ばれている。(“skog”と“skau”はどちらも『森』に対する言葉で、ノルウェーの方言によって語の形が異なる) また、このネコについてよく知る人は特性からノースク・スコッグキャットNorsk Skogkatt”(文字通り、ノルウェーの森林ネコ)と呼ぶ。

広告

5 Comments

  1. 案山子
    Posted 2010年1月15日 at 10:22 PM | Permalink | 返信する

    おはよう御座います此方も似た猫 探しましたよ メークイン だつて暇の時 九州 も覗いて みて 似てますよ オッポ

  2. よりばば
    Posted 2010年1月16日 at 3:17 AM | Permalink | 返信する

    ミーちゃんを見るたびに、青春時代の北欧冒険の旅が思い出せるなんて!来るべき人の所へ、来たんですね。森林猫だから、葉物が大好きなのかな?

  3. kako
    Posted 2010年1月16日 at 2:09 PM | Permalink | 返信する

     北欧に住んでたリュウさまと ミーちゃんの因縁を感じますw  お互い、呼び合ったような関係ですね。   それにしても 写真、ミーちゃんそっくり    ママ猫かと思ったw

  4. のび子
    Posted 2010年1月17日 at 2:00 AM | Permalink | 返信する

    きゃ!!!すごいしっぽ!!!ご先祖様はたぬきです。白い長靴はいてる。。。かわいい。。

  5. のび子
    Posted 2010年1月17日 at 2:03 AM | Permalink | 返信する

    え??どっちがミーちゃん??右??あ。。。耳からけが生えてる。。。。。ご先祖様は川内康範。。。。おふくろさん♪。。。うそ。。。ごめん

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。