昨日の深夜 命掛けでした いや、本当に!

2010116 007 2010116 006 打ち合わせやら何やらで午前中に帯広に向かった。行きも途中から大雪でえらく時間がかかったが、帯広を出るのが深夜になり、真夜中の山脈越えは命がけの運転でした。往復450km。人生二度目の最悪のドライブでした。

山の頂上から平地まで数十キロはカーブの多い圧雪アイスバーン、つまり雪でつるつるの坂道の運転。これは覚悟していたので慎重に運転。ところが途中からとんでもない大雪。視界1m、あまりの雪の降り方で、フロントガラスの雪が車内の温度で解けてシャーベット状態になり、それがすぐに氷になるのでワイパーが止まりそうになる。ワイパーが止れば運転不可能で、山の中で立ち往生となり、車がすぐに雪に埋もれて大型トラックなどに突っ込まれる危険が大きい。これだけは避けたい。若い時に山の中で大雪の為に車が動かず立ち往生し、危うく1時間後に来た除雪車にすくわれたことがある。そのときを思い出しぞっとした。

深夜で車も少なく、道路が見えずほとんど感で走る。普通の人なら引き返すか、運転しないような状況だった。数秒でフロントガラスを多い尽くす雪はワイパーが止りそうなほど重い。さらに車内の暖房で解けたガラス面の雪が氷になってへばりつく。ワイパーはその上をすべるだけで取り去る力は無い。

普通の乗用車は路面の雪が30cmほどになるとタイヤが浮いて進めなくなる。なんとか積もる前に脱出しないと山の中の道路の真ん中で立ち往生となる。これだけは避けなければと気が焦る。かといってスピードを上げれば間違いなくカーブで激突する。さらに、ワイパーが動かなくなったら万事休す。山の中は街灯なども無いから走るのは無理に成る。雪国でワイパーは非常に重要なのです。

決断したのは最後の手段。暖房も全て止める。外気はマイナス15度。窓を開けて車内を外と同じ温度にする。つまり、フロントガラスをわざと冷たくして雪が解けないようにする。そうすると雪はガラス面で解けないで飛んで行ってくれる。車内にあるもの全てを体にまきつけて凍傷にならないようし、雑誌や紙を服の中に押し込む。体温が下がるのを防ぐためだ。さらに、吐いた息が霜になってガラスにつかないようにファンをまわして空気を動かす。用意が出来て窓を開ける。すぐに車内はマイナス15度になった。これでとにかく雪の降らない場所まで一気に走り抜けなければならない。どう考えても体力が持ちこたえるのは1時間が限界だろう。

全身ががくがく震え、走ること30分。やっと雪が小降りになったが、今度は路面の新雪が深くて、ある程度のスピードで走らないと車が止りそうになる。やっと市街地に入りコンビニが見えた。飛び込んで熱い缶ジュースを飲み、体を温めて発進。又雪が降り出した、、、、、山道が終わった付近のトラックステーションに大型トラックが雪を避けてたくさん待機していた。山の中から出てきたこの小さい車を「良く通り抜けたな!」という目で運ちゃんが見ていた。どうりで対向車が来ないはずです。

自宅に着いたのは深夜3時。車を置く場所はすでに20cm以上積もっていて、もう少し時間がかかればたどり着かなかっただろう。家について、フーとミーが心配そうに駆け寄ってきてほっとした。写真は途中で撮った様子で、車高より雪の深いのが分かるだろうか。車はすでにソリ状態。ヘッドライトはかなり熱いはずなのに解けた雪で氷がレンズのようにくっついている。ほとんど前に光が行っていない。

広告

4 Comments

  1. 案山子
    Posted 2010年1月17日 at 7:17 AM | Permalink | 返信する

    ウワー恐ろしい  ご無事で よかった  寒かったでしょ 命がけ ですよ 思っただけでも 怖いシベット が ワイパ 止める 前 見えないもの 処置 方法 有ったのですね

  2. のび子
    Posted 2010年1月17日 at 3:42 PM | Permalink | 返信する

    うわ。。。怖いよう。。。。わ。。。それよりなにより。。。北海道には温かいジュースがあるのん??びっくり!!

  3. kako
    Posted 2010年1月17日 at 3:44 PM | Permalink | 返信する

    雪国の運転の怖さ  怪談話より こっちのほうが怖い!  たまに 北海道で雪に埋もれた車から 死体発見・・・て ニュースあるけど、そうならずによかった。  きっと ミーちゃんとフーちゃんが守ってくれたのね。

  4. よりばば
    Posted 2010年1月18日 at 12:17 PM | Permalink | 返信する

    経験を活かして無事生還でき、よかったですね。車内を外気温と同じにするなんて、思いつきません。この記事、プリントアウトして保存します!

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。