んん~ん、これはなんか違うような、、。

833214-picton-ghosts

121173-ghosts-in-picton     写真はオーストリア、シドニー南部にあるセント・マークス墓地St Mark’s Cemeteryというところで撮影されたもので、今年の1月9日にPicton 心霊ツアーとしてこの墓地に行き家族4人で参加。この写真を撮影したのはおそらく母親の女性で、この人自身は幽霊などについては信じていない懐疑論者だそうです。

墓地では「何時出るの?」とジョークを言っていたそうですが、墓地で撮影した写真を家に帰ってパソコンにダウンロードして見ると腕の毛が逆立つほどにビックリ。写真には、その時その場所には確かにいなかったはずの二人の子供らしき姿がハッキリと写っています。

2chg 2chg2 この墓地の言い伝えに寄れば、二人の子供の幽霊が出る話があり、一人はBlanche Moonと言う女の子で、1886年に他の子供達を遊んでいるときに事故があって亡くなり、もう一人はそれから60年ほど経った1946年に亡くなったDavid Shawと言う男の子で、この子は大臣の息子であったそうですがポリオの病で亡くなったそうです。

右が上の円内の部分の拡大ですが、噂どおりに二人の子供が、、。最初は夜に撮ったのかなと思いましたが、別な写真を見れば夕方で、人が歩いていれば確認できる明るさです。果たして幽霊か?当日は他に家族もいましたが、子供は親とずっと一緒だったそうで、ここでは、肉眼では見えない物が写った写真はそれまでに沢山撮られているそうです。日本だとどこか透けるんですが、、。元記事

One Comment

  1. kako
    Posted 2010年1月27日 at 3:09 PM | Permalink | 返信

     夜中にブログサーフィンするものじゃない・・・背筋がぞ~~としてきた(-_-; あまりに鮮明で霊じゃないとおもえるくらい  言い伝えあるなら 本物でしょうけど、霊ツアーには 参加するものじゃない

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。