またも奇跡的な生存者が、、ハイチ

article-1249925-083892DC000005DC-995_634x970 article-1249577-083586F7000005DC-128_468x277 ハイチの奇跡 というブログ記事で、1月12日の大震災のガレキの中から15日ぶりに少女が見つかったと書いたが、なんと2月9日、実に27日ぶりに男性が救助された。男性は28歳の米の行商人 Evan Muncie と言うハイチ人で、極度の衰弱と脱水症状を起しているものの生命は助かるだろうと医者がコメントを出している。マスコミも一応に信じがたいという論調 だが、医学的には不可能ではないらしい。足に怪我をしているものの、ガレキによる大きな損傷は受けていない。彼は「白い服を着たarticle-1249577-082870F9000005DC-369_468x330人が現れ、水のあるところへ導いてくれた」とうわごとを言ったそうだが、医者は「恐らく幻覚を見たのだろう」と語る。当然現地では「神様が彼を、、」と話題なっている。男性は不明な2名の人間に運び込まれたが、なぜ今まで救助隊に発見されなかったのか、誰かが水や食料を与えていたのではないかなど不可解な部分があるが、発見時、瀕死の重態だったのは医師が確認している。

ハイチ政府は1月23日に捜索終了を宣言しているが、その後の1月27日には先の少女が見つかり、更に今回の男性の発見と、生還者の発見が続いている。ハイチの死者は20万人から増えて、23万人になる見通しだと言う。

広告

3 Comments

  1. kako
    Posted 2010年2月10日 at 2:55 PM | Permalink | 返信する

     人間の生命力の強さが 立証された出来事  震災にあったハイチの人たちのニュースをみますが 一向に援助が行き届いてないですね。

  2. のび子
    Posted 2010年2月10日 at 3:18 PM | Permalink | 返信する

    からだのつくりがもともとちゃうのんかなぁ。。。。つおいわ。。。。ハイチの人はつおいわ

  3. 案山子
    Posted 2010年2月10日 at 7:46 PM | Permalink | 返信する

    おはようごさざいます  不がいい 運がいい  体力がいい  でもミイラ 寸前  よかつたね

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。