豪雪の中300km、春を運んだトラック

img_546351_60838831_0

    埼玉県の川口瑠美子さん(15)は入試前日の1月16日に母(48)と自宅を出発。新幹線で同日深夜に新潟県のJR長岡駅まで着いたが、乗り換える予定だった夜行列車は大雪で運休。足止めされた長岡駅のホームで両手で顔を覆い「もう間に合わない」「夢は終わった」と留美子さんは静かな人影さえもない駅のホームで涙が止まらなかった。だが、母はヒッチハイクを提案。「絶対あきらめない」とつぶやいた。時刻はすでに午前0時を過ぎている。PK2010021202100026_size0ll目的地は石川県輪島にある日本航空高等学校 石川キャンパスだった。

 長岡駅からタクシーで北陸自動車道長岡インターまで移動し、インター入り口でヒッチハイクし、1台目で上越市まで移動。更にヒッチハイクを試みるが歩道は約1メートル50センチの積雪。母は雪と暗闇の中、懸命にオレンジ色の傘を広げて大きく振ったが、数台に断られ、車は無情にも通り過ぎていく。2時間余りでたどり着いたガソリンスタンド。時刻は午前4時半、給油で1台だけ止まっていた神戸へ行く山形県の大型トラックの運転手に頼むと「金沢までなら」と引き受けてくれた。このトラックに出会うまで、真っ暗な吹雪の中を何時間もヒッチハイクしたお母さんと留美子さんに、やっと救いが見えた瞬間だった。

 フィリピン出身の母は車内でほとんど口を開かなかったが、「子どもはいるんですか」とだけ尋ねた。「中3の娘がいるよ」とTシャツ姿の運転手。瑠美子さんは座席後ろの簡易ベッドで約30分間眠った。 パイロットが瑠美子さんの夢。埼玉県川越市立野田中中学1年の時、テレビで航空自衛隊の戦闘機が飛ぶのを見てあこがれた。大反対ながらも応援する母親とは、私立の学費が高いため「推薦でダメだったら公立高校にする」が約束で、この日が推薦入学の大事な試験日だった。

 冷え切った母子には運転席は別世界のように暖かい。瑠美子さんが運転席の後ろで目を覚ますと、夜は白みかけ、降りる予定の金沢市に近づいていたが目的地輪島まではまだ100kmほどある。夏でも車で2時間半はかかる、この雪の中、一体どれくらい時間がかかるのか?ドライバーにこれ以上の無理は言えない。金沢から先はどうしよう?バスや列車は動いているのか?、、母子の会話も途切れ、二人は夜が明けつつあるうす暗い外を、ただうつろに黙って見ているしかなかった。

そんな不安の中で聞こえたのは「よし、輪島まで行っちゃる!」、無口なトラック野郎の力強い一言だった。先行車を次々と追い抜いたトラックは試験開始10分前の午前9時に正門前に到着。キャンパス付近は50cmの積雪だったが天気は気持ちのいい晴れ模様、状況を携帯電話で知り、心配した学校関係者も出迎えてくれた。運転手は「がんばれ」と励まし「ヨコヤマ」とだけ名乗って、疲れも見せずにそのまま神戸へ向かい、連絡先は教えてくれなかった。ヨコヤマさんのトラックだけでも300kmほどの長距離で、長岡駅からすでに9時間の長旅になっていた。 

 入試の作文の課題は偶然にも「わたしが感動したこと」。400字詰め原稿用紙に、もともと学費の高い私学に反対だったのに懸命に励ましてくれた母のこと、遠回りして会場まで送ってくれたヨコヤマさんのこと、人の優しさにふれることができ、感動、感謝、他にも色々と感じることができて良かったと、深夜のヒッチハイクと母への感謝の気持ちを、今起きた目の前の感動に浸る間もなく懸命に書きつづった。

3日後の1月19日に川口さんの合格が発表され、ヨコヤマさんを探し切れない留美子さんに代わって、学校側が「ヨコヤマ」氏を捜し当て合格を報告したところ「良かった良かった。でも当たり前のことをしただけだから、特別なお礼などは勘弁してほしい」と答えたという。

地図:記事から推測すると、トラックは金沢付近で大きく右折。新聞は北國新聞から、記事の写真は感動を伝える副校長。浅川正人副校長(新聞記事左上)は、試験に間に合わなかったときの対策も考えていたという。。(状況は2月11日の新聞数紙、他より状況を収集し作成、加筆、補足してあります。走行記録が残り、定時報告が義務の長距離トラックでは、恐らく会社側の協力もあったのではないか想像します。北陸の人情にホロリとさせられる出来事でした。)

広告

2 Comments

  1. のび子
    Posted 2010年2月13日 at 2:15 PM | Permalink | 返信する

    これニュースで見た見た!!!!

  2. よりばば
    Posted 2010年2月14日 at 2:45 AM | Permalink | 返信する

    諦めないで、子供を試験会場まで行かせたい一心の、母の強さ。優しいドライバーに出会えて幸運でしたし、トラックドライバーは時間が勝負。この不況下に回り道を許した会社も偉い! 瑠美子さん、パイロットの資格が活かせる道は、自衛隊のみではないので、今回の体験をバネに勉学に励んでください。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。