幸運な警察官 ラスベガス

11983445_BG1 事件は14日の夜21時55分ごろのアメリカのネバダ州ラスベガスで起きていた。北ラスベガスNorth Las Vegas警察署所属のブライアン・コスタドBrian Kolstad巡査(31歳)が住宅街を巡回中に銃声を聞き、その直後に犯人らしき男と鉢合わせした。同時に撃ち合いになり、巡査は胸に銃弾を受け、相手も負傷したらしい。巡査は至近距離で撃たれたが、銃弾は胸ポケットの警察バッジに当たり奇跡的に一命を取り留めたのだ。

ニュースの配信は早かったが、今日まで警察が情報公開せず、記事にならない。その奇跡のバッジも見てみたいが、まだ公開されていない。やっと名前が公表されたので記事にして保存して置く。右が北ラスベガス警察のバッジだが、随分と立派です。サイズがたて1m、横50cm、、これは冗談だが、胸ポケットに入るほどの物で、形は盾の形をしていますが、これで助かるとは強運なおまわりさんですね。勤務経歴7年半。無事で何より、一方、負傷したと思われる犯人はまだ逃走中。

広告

2 Comments

  1. ニコラス
    Posted 2010年2月19日 at 10:48 PM | Permalink | 返信する

    職業とはいえ大変な事ですね!

  2. のび子
    Posted 2010年2月19日 at 11:13 PM | Permalink | 返信する

    わ!!!!ベガスと言うから。。。カジノで一発当てたのかと。。。。銃弾が一発当たったのか。。。。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。