清水宏保が見たスポーツ界

interview_06_photo1 98年長野五輪スピードスケート男子500メートルで金メダルを獲得した清水宏保(35)が19日、所属先のコジマを通じ、今季限りでの引退を正式に表明した。長野五輪500メートルで日本スケート界に初の金メダルをもたらした。さらに同大会1000メートルで銅、02年ソルトレーク五輪でも500メートルで銀メダルに輝くなど、日本のスピードスケート界を牽引(けんいん)してきた。

彼のコラムと言うのが目に付いた。2月23日の asahi.com に載ったものだが、内容は日本スポーツに苦言を呈したもの。国民として、ウスウス気が付いていた事だが、ここにもスポーツをダシにうごめく輩がいるようだ。

「僕はこれまで本当に多くの方にお世話になった。地元の方々、応援してくださった皆様、用具の面倒を見てくださる方、日本オリンピック委員会(JOC)の皆さん。すべての人の支えがあって、4大会連続五輪出場、金、銀、銅メダルの獲得があった。

日本はまだまだスポーツ後進国というしかない。、、五輪の期間中、、選手が責任を感じるのは当然だが、ノルマを課せられているような感じにもなる。それまでの4年間のフォローを国やJOCはきちんとしてきたのだろうか。

日本には国立スポーツ科学センターがある。韓国にも同じような施設がある。韓国ではそこに選手が集められ、招集された時点で、日当が出る。日本では利用するのに料金が発生する。

バンクーバー五輪では、JOCの役員、メンバーが大挙して現地入りしている。予算は限られている。そのため、、、コーチや、トレーナーがはじき出され、選手に快適な環境を提供できていない。お金の使い方が逆だろう。

五輪の時だけ盛り上がって、終わったら全く関心がないというのではあまりに悲しい。日本にスポーツ文化を確立させるため、国もJOCも努力を惜しまないでほしい。」   コラム全文

今回のオリンピック団長は橋本聖子氏で、スケート選手から政治家(自民党)に転身。以前、北海道が大赤字で財政が破綻状況の時に、まるでそんなことは知らないかのように、建設、土木業界におだてられ「冬季オリンピックを札幌に~」とか発言し、道民の怒りを買った。自分も投書したが、典型的なスポーツバカで、とっくに庶民感覚を失った先生になってしまっている。すぐに発言は撤回した。彼,清水宏保氏には、政治家に利用されるスポーツ選手にだけはなってもらいたくない。何とかしようと政治家になっても、結局はその大きな流れに飲み込まれ、せっせと天下りの為の予算つくりに奔走し、スポーツに名を借りた箱物行政の先棒を担ぎ、タダ飯、タダの視察名目の観光旅行の旗振り役になってしまう結果になる。どうしようもない状況なのだ。心身ともに健全なはずのスポーツ選手が、対極にある腐敗と汚職を生み続ける政治世界に入るなど世も末だ。

広告

2 Comments

  1. のび子
    Posted 2010年2月26日 at 12:24 AM | Permalink | 返信する

    そやねんなぁ。。。ほんま。。。。

  2. よりばば
    Posted 2010年2月27日 at 3:09 AM | Permalink | 返信する

    コラム全文を読んで、名誉と現実との矛盾も、オリンピック選手を苦しめていると思いましたが、オリンピックが最高で優遇されるべき、だとも思いません。才能を発揮する為に努力し苦しむ事は、他のどの部門でもあっている事で、努力しても日の目を見ない人達のほうが多い。日の目を見ない人達は、貧しくてもその道を突き進むか、転進の道を模索する。 オリンピック最優先は、他部門との兼ね合いからも、ノーだと思います。できうる事は、雇用して生活の基盤を、という企業の協力でしょうし、それに応えてのスポーツと、仕事の両立の努力でしょう。だれとかさん達みたいに、勝てば、強ければじゃあ、現実世間は冷たいでしょう。 モチロン現スポーツ界のトップのお偉いさん達の体制は正すべき事はいうまでもありません。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。