「埋められた?」、、「いじめられた」でした。(一人で苦笑い)

Ci100306133616

  余り日本のことなど書かない英国紙で、Japan’s Princess Aiko, 8, misses school after being bullied by ‘violent’ boys、、と言う記事の見出しを見て早合点し、一人で笑った。正確には あいこ様8歳が男の子からいじめに会って不登校 の意味だが、英語のbullied(いじめられた)をburied(埋められた)と失礼な勘違いをしてしまった。英語を書かないで、不正確な発音だけで安易に覚えるからこんなことが起きる。(右の写真は3月6日の英国の記事より)

学習院は否定しているが、それに近いようなことはあった様で、登校時間になると腹痛を訴えたと言う。実は自分にも経験があるので分かるが、いじめばかりが原因とも限らない。自分の場合は小学校の時に父親が無くなり、環境が変わったことでの不安が症状に出たらしく、朝になると腹痛を起こした。つまり、不安だから家から離れたくないと言う思いが本当の腹痛を起す。あいこ様も、ご両親が旅行等で不在が多く、その辺の不安が原因の可能性もあるのではないだろうか。また元気に登校できますように、。

それにしても英国紙が記事と一緒に載せた写真が前の天皇陛下の写真とは!何時までも英国にとって日本は「日本帝国」のようだ。英国紙の記事

広告

5 Comments

  1. のび子
    Posted 2010年3月6日 at 2:00 PM | Permalink | 返信する

    愛子様をいじめるなんて!!!身の程知らずなガキがおったもんや!!しばいたる!!!なんていじめたんや??「おかあちゃんなんで働けへんのん??」とか言われたんか??

  2. kako
    Posted 2010年3月6日 at 3:23 PM | Permalink | 返信する

     紙面とTVをにぎわしてる騒動ですね~  登校拒否問題が 皇室まで及び始めたとは なげかわしい

  3. ニコラス
    Posted 2010年3月7日 at 12:01 AM | Permalink | 返信する

    これは中国の映画なら「ザン!」の一言かも?

  4. よりばば
    Posted 2010年3月7日 at 2:50 AM | Permalink | 返信する

    優しく受け入れてくれる人々に囲まれ、大事にされすぎると、荒っぽい事が凄い恐怖として感じられるのでしょうか。民間では、暴れん坊、意地悪っ子に泣かされて、処世術を学んでいけるのですが…。ご指摘のように、皇太子家としてのご事情も影響していると思います。皇太子様は6日にアフリカご訪問へご出発。お寂しいんでしょうね。秋篠宮家は、悠仁様から脱学習院ですが、いいことだと思います。

  5. 案山子
    Posted 2010年3月7日 at 12:21 PM | Permalink | 返信する

    普通の 子供 行けない がつこ でしよ  護衛  居る だろに  人聞き 悪い ですね

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。