毛髪から高濃度水銀 鯨肉食関連か

cove1 日本のイルカ漁のドキュメント映画The Cove がアメリカでアカデミー賞を取った。今後シリーズで制作され全米でTV放送されると言う。過去イルカの事を書いたのは2006年のブログだった。その後。トヨタ、米軍基地、クジラ、クロマグロ、、と日本は難問を抱えているが、このイルカの問題は公衆衛生上やめるべきではないのか?少なくても輸出などは、、。別な側面で見てみる。

2010年1月末の報道で、「捕鯨の町」で有名な和歌山・太地町の住民50人の毛髪から高濃度の水銀検出 鯨肉を食べ続けた影響か…北海道医療大調査 と言う記事がある。結論から言えば 和歌山県太地町で売られていた小型鯨コビレゴンドウ22検体の水銀の平均は9.6ppmで、国が流通させないよう求める魚介類の規制値の20倍以上だった。厚生労働省は03年、鯨を多く食べる人や妊婦は鯨を食べる回数、量を減らすよう提案している。

この提案と言う曖昧さは何なのか?人が水銀を長期間とり続けると、循環器の異常や高血圧、不妊、免疫力低下などが起こる危険が報告されている。

太地町は全国に5カ所ある小型捕鯨の拠点のひとつ。国際捕鯨委員会(IWC)が禁止していない小型鯨類を湾内に誘導して捕る追い込み漁が盛んだ。北海道医療大の遠藤哲也准教授(中毒学)、第一薬科大の原口浩一教授(分析化学)らは 2007年12月~08年7月に小学生から80代までの町民50人から毛髪を提供してもらい水銀量を測定した。

WHALING/JAPAN この結果、月に1回以上、鯨肉を食べると答えた28人の平均濃度は、24.6ppm (ppmは100万分の1)で、日本人の平均濃度の10倍以上だった。このうち、50代以上の3人は、最高で67.2ppmと、WHO(世界保健機構)が神経障害などを発症しかねない基準とする50ppm を超えていた。 国が99~02年に全国の約8600人を対象にした調査では、日本人の毛髪の平均濃度は約2ppm。

立川涼・愛媛県環境創造センター所長(環境化学)の話 : 鯨やマグロなどを食べ続ければ、水銀が蓄積され、その濃度が高くなることはあり得る。今回、調査を受けた住民に震えなどの異常がないなら、直ちに危険とはいえない。水銀には複数の種類があり、水俣病など神経障害を起こすメチル水銀が蓄積しているか、詳しく調べる必要がある。毛髪の水銀濃度が高ければ、継続して注意していくべきだろう。・・今になってもまだ調査の必要性、、を言う役人と言うのは予防医学の面からも考えが偏向している。やる気が無いのか能力が無いのだろう。こういうふざけた人間が環境対策を遅らせている。水銀の毒性は人間にだけ危険なわけではない。この手の人間は、ある意味水銀より社会にとって危険な存在だ。 

水銀中毒で有名な水俣病患者の毛髪水銀濃度は100~700ppm程度という調査があり、それよりは低く、すぐには危険ではないと言うが、水銀は体内に蓄積されるもので、取り込んだものが徐々に増えていく危険は想像できる。こんな状況でもイルカ肉を市場に流通させる行政と言うのは正しいのだろうか?天然の水銀が無毒だという報告もある。ならばなおさらその辺ことをはっきりと早急に国民に報告すべきだろう。一体そんな報告に何十年かけるつもりなのか?日本の行政の対応が遅いのは毎度の事で、今頃環境省は全町民を対象に健康への影響がないか調査中だと言うが、危険度を調査中ならまずは流通を差し止めるくらいの処置が必要ではないのか?食文化か動物保護かのどっちが優先かは別として、このまま放置すれば間違いなく日本は食品に対して無為無策だとして国のブランド力は低下する。既に中国野菜が危険だというイメージが日本に定着したようなことが起きる可能性がある。誤解であろうが起きてしまっては取り返しがつかない。その損失の大きさに国は気が付いていないのだろうか?犬、猫を食べるとして国のブランド力を落としまくった隣国のようになりたいのか、、。その国も食文化だと言い張っている。残すべき文化と言うのは誰が見ても価値のあるべきものでは無いだろうか。 参考記事:高濃度水銀  監督自身の映画説明    過去ブログ:2006年イルカ漁について

広告

3 Comments

  1. 案山子
    Posted 2010年3月10日 at 12:49 AM | Permalink | 返信する

    イルカ  肉  食べるのですか  知らなかったですよー 

  2. よりばば
    Posted 2010年3月10日 at 4:41 AM | Permalink | 返信する

    The Cove がアメリカでアカデミー賞を取った事で、脚光を浴び、私もテレビのコメンテータの「日本の食文化に、アレコレ言われたくない。」とのコメントに「そうだよなー」と思ってましたが、こんな水銀の問題もあるんですね。意図的な隠し撮りや、編修、本人に説明不足のインタビューなど、問題アリのようですね。シーシェパード事件が耳目を集めている中、向こう側に点数を与えてしまいそうで、心配です。太地町の人々には、ありがた迷惑な事でしょうが、食べると病気が胎児にまで影響が出るという事実を直視し、環境問題に取り組む町として、世界にアピールしていく道を選ぶ時かもしれません。水俣市はそれで、美しい町になっています。

  3. のび子
    Posted 2010年3月10日 at 3:04 PM | Permalink | 返信する

    なんで鯨食べたら水銀たまるん???鯨に水銀入ってるん????

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。