2週間半で8000台受注!ホンダCR-Z

21cf04bd8a7a385f48f231b8fa20c9f7.jpg (JPEG 画像, 440x293 px)_1268876541400

  ホンダは16日、同社が2月26日に発売した。スポーツカータイプの新型ハイブリッド車「CR─Z」の受注台数が、3月14日時点で8000台に達したことを 明らかにした。月販目標台数1000台が発売から1カ月経たずに約8倍の受注を達成した。 ホンダにとってCR─Zは「インサイト」、「シビックハイブリッド」に次ぐハイブリッド車第3弾。2ドア4シートで、ガソリン1リットルで走れる距離が25キロメートルとの燃費性能が特徴。マニュアルタイプとオートマチックタイプを揃えており、受注の4割がマニュアル車だという。インサイトの2月国内販売実績は3500台で、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」の2万7000台に大きく水をあけられているが、ホンダはCR─Zの投入によりマニュアル・ハイブリッド車を開拓したい考え。

不景気でもほしい車が出ればユーザーは買うと言ういい例だろう。高燃費だからといって走り回られたら省エネにならないが、世の中何かを消費しないと経済が回らない。マニュアルが多いのも燃費とドライブの楽しさを重視してだろう。この辺はトヨタの隙を突いていていい戦略だ。本体価格を安くしても、この購買層はオプションを設置するだろうから利益は出るのではないか?トヨタもかつてはスポーツカータイプを出したが、所詮あいまいな面白みのないデザインで、高馬力なだけで、ドライブを楽しみたい層には受けなかった。トヨタも買いたくない層に買い替えを勧めるより、買いたくなる車を造れば売れるという基本を守ればいいだろう。とにかく長持ちして維持費のかからないのがいい車だ。そろそろ部品交換の際には部品がバージョンアップする戦略も必要だろう。いい加減車検と税制を見直すべきで、保障期間はアメリカの上を行く7年くらいにすべきだろう。部品供給は20年先まで、これ位しなきゃ。

広告

One Comment

  1. 案山子
    Posted 2010年3月19日 at 9:11 AM | Permalink | 返信する

    トヨタの 方が 良いのですか  本田 の方が 良いと 思うけど なーー台数 トヨタに 勝たないのですか (¬_,¬)

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。