現代の 金瓶梅 「王成日记」(疯狂的“性爱日记”)

http_imgload 中国東部の都市、安慶(Anqing)市の高官王成(仮名)(47)が、800人の女性と「寝る」ために巨額のわいろを集めていたことが明らかになった。この高官は前月、女性との逢引や受け取ったわいろについて記した日記の存在が妻に発覚し、当局に突き出された。日記と一緒にパソコンの外付けハードディスクも見つかったが、これは、高官が女性との性行為の場面をひそかに録画し、記録・収集していたものだった。 日記の中で高官は、これまでに少なくとも500人の女性と性交渉をしたと記し、「目標は600~800人」などと書いていたという。2003年の記述には、年間56人と「寝る」目標を達成し「れっきとした家柄の」愛人2人を囲うために、月に8000元(約11万円)1年につき10万元(約1401270737375_39万円)をわいろで稼ぐ必要がある、と書かれている。この金額はこの高官の年収の5倍に相当する。 当時の彼の月給は1600元(約22000円)

この手のニュースには事欠かない中国だが、新聞では彼の日記を明時代の風俗を書いた奇書「金瓶梅」に例え、王成日記としてその内容が暴露されている。少し前には、たばこ局の局長が賄賂を取りまくって遊んだ日記が暴露され、これは局長日記と呼ばれ話題になった。中国の方は日記が好きなようですね。ちなみに金瓶梅の各文字は金、酒、色事 を表している。それにしても面白おかしく書くだけで、記事のどこにもこの種の腐敗の起きる行政システム、社会の規制の緩み、異常性欲に対する疑問などは書いていない。こういう事件はほとんど色事の相手側からや妻からの訴えで、行政からの内部告発は聞いたことがない。今回は妻からの訴えを聞いた友人の告発で、妻は告発に反対だった。やはり、どこかおかしな社会構造というしかない。彼は「事業単位」に勤務する公務員で「事業単位」とは医療や教育、科学、文化など公益を目的とした政府付属の団体・組織を指す。取調べに対して王容疑者は「昇進とともに、欲望が増大した。私の関心事を知り、金銭と女性を使って接近する業者もいた」と供述した。写真は押収された日記と風刺漫画。

広告

3 Comments

  1. kako
    Posted 2010年4月12日 at 3:00 PM | Permalink | 返信する

     中国版、タイガー・ウッズ!   違うのは 賄賂か 自分の稼いだお金か!

  2. 案山子
    Posted 2010年4月13日 at 10:38 AM | Permalink | 返信する

    大将 色 好む  でないでも  北九州  突風  騒いで 居ります 雨在りません 

  3. よりばば
    Posted 2010年4月14日 at 1:12 AM | Permalink | 返信する

    スティーブン・セガールも、今23歳の女性に訴えられています。http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100414/tnr1004140703000-n1.htm「小人閑居して不善を為す」ですが、「小人大金を得て不善を為す」ですね。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。