奥が深いですね、、。芸術は。

canadaart

canadaart 左はカナダ西部のサスカチュワンSaskatchewan州生まれの抽象画家故Agnes Martinさんが1965年に描いた作品「砂漠(Desert)」で、淡い砂漠を表現しているそうです。一見グレーにしか見えませんが、この巾2mの作 品を拡大してみると右のように縦横に細かく罫線の描き込まれているのが分かります。この絵、実はカナダ人アーティストの作品として最も高価な絵となるかもしれないそうで、今現在のカナダ人画家の高額記録と言うのは2002年にトロントで行われた競売での19世紀のアーティストPaul Kane氏の、下の犬と自画像の1845年の作品約506万ドル(約5artnetnews4-13-1 億円弱)落札が最高額で、今回左上の絵が記録を塗り替えるかAgnesMartinPortrait(1)も知れないようです。下が画家のアグネス・マーチンさん。

この絵は来月ニューヨークのサザビーオークションに出品予定で、落札予想価格は400万~600万ドル。日本円で4億~6億円くらい。
抽象画の解釈というのも難しいですが、簡潔に言えば、個人的には作品でリズムや調和を表現し、具象画は作品で対象物の雰囲気、個性、情景を表現するものではないかと思っています。彼女のほかの作品を見ればなんとなく追い求めたものの一端が見えてきます。それにしてもこの予想価格は驚きです。

martin-s-u_417-002-000

f0136251_042267

CRI_97182

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2010年4月29日 at 3:24 AM | Permalink | 返信する

    生きてる時に評価される芸術家ってそういませんもの。あの世でビックリしてる事でしょう。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。