大人のケンカで終わるのか 北の魚雷説が濃厚に

AVN_KOREASHIP_109561f 写真は3月26日に紛争海域で原因不明の沈没をし46名が死亡した韓国艦船「天安号」の前部。すでに後部は引き上げられている。原因はまだ調査中だが29日に韓国軍の勇ましい声明が流れた。

879413887649931656 4月29日:平沢(ピョンテク)第2艦隊司令部で行われた46人の勇士の告別式で、金盛賛(キム・ソンチャン 写真右)海軍参謀総長が海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」沈没事件と関連し、報復の意志を明らかにした。弔辞で「私たちは3月26日のペクリョン島での事件を決して許すことはできず、許してもならず、忘れてもならない」と述べ、「苦痛を与えた勢力を捜し出して大きな代価を支払わせる」と誓った。軍首脳部が「天安」事件と関連し、このように断固たる報復の意志を表明したのは初めて。

20090212_124150_korut これより前の24日、北朝鮮軍の李英浩(リ・ヨンホ)総参謀長は「われわれの天と地、海を0.001ミリでも侵せば核抑制力を含むあらゆる手段を総動員し、侵略の牙城を跡形もなく吹き飛ばす」と勇ましくぶち上げている。(写真左中)

これだから軍人は困ったものだ。韓国軍の統帥権は大統領にあるのだが、報復をする気もそのそぶりも見せてはならない微妙な時期に軍がこういうことを平気で言う。原因が解明され、100%北朝鮮側の武器によるもの(恐らくそうだろうが、、。)だとしても、韓国政府は事態の沈静化のほうを望むだろうし、中国も米国も今の時期に紛争など望んでいない事は日本から見ていても分かる事。軍人が格好つけるのは戦場だけにしてほしいものだ。平時に軍人が表面に出てくる国にロクな国はない。おっと、この二国は朝鮮戦争後まだ休戦中だったな。

4月30日:米時事週刊誌タイム電子版が最近、ブルース・クリングナー・ヘリテージ財団上級研究員を引用し、海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」沈没事件について 「韓国は今、額に弾丸のあとが残っている遺体を見るCSIの捜査官のようだ。この捜査官は『死亡の原因が心不全である可能性を排除しない』と話す。拳銃を持った唯一の容疑者が非常に残忍なボスであるからだ」。

随分な皮肉を書くもので、明らかに凶悪犯罪の犠牲遺体を前に、韓国は病死の理由を模索しているというもので、遠まわしに、だから手の付けようの無いバカを相手にケンカはするなといっているようなものだ。米国は受け取った証拠の分析の中間発表を行いその中間報告を受けた韓国側の発表は以下のようなものだった。

Ci100502114802 4月30日:国防相が30日、天安艦沈没現場で見つかったアルミニウム破片は事件の原因を明らかにしてくれる重要な手がかりの一つで、この破片が天安艦からはがれたものではない上、アルミニウムが魚雷や魚雷を改造して円筒の中に入れた射出型機雷の材質だと発言。 軍の傘下機関の魚雷専門家によれば一般的に魚雷の弾はアルミニウム合金でできている。射出型機雷の弾もアルミニウム合金だ。これに対し、普通、機雷の弾は鋼鉄で作る。北朝鮮が導入した中国、ロシア、イランなどの魚雷も弾はアルミニウム合金だという分析だ。

mk60 これが北朝鮮のものかどうかは別にして、一段と魚雷か射出型機雷の兵器攻撃である可能性が高くなった。おそらくすでに断定は出来ているのではないだろうか?最後に「100%断trd0712192338023-p1定は出来ないが、、。」くらいの談話でこれ以上の北朝鮮への追求を避けるのではないかと想像している。韓国は、何とか大人のケンカで納めたいのが本音だろう。亡くなった軍人46名がなんとも気の毒だ。右は米国製の射出型機雷MK60

現在の李韓国大統領(左下)の北に対する態度はきっぱりしたもので、最近あった北からの水面下での会談要請に対し「私は出会いのための出会い政治的な意図で会うことはしないという原則をはっきりと述べ、私の任期中に一度も会わなくてもかまわない」という立場を北に伝えたそうだ。北は長い事援助支援も止められ、かなりイラ付いているだろう。そういう意味では今後も細かな挑発はしてくるのではないだろうか、、。狙いは軍事衝突を嫌う韓国経済界からの資金提供だろうとにらんでいる。こんな中、3日北朝鮮の金総主席が17両の特別列車で左半身不自由にも関わらず北京か瀋陽に向かったという。不足する食糧支援の求めと今回の韓国艦船沈没の説明だろう。韓国は北との直接対話を望まず、すでにこの件についての自国の意向を、恐らくこの訪中に合わせてだろう中国に伝え済みだ。内容は韓国政府が3日再確認した「天安事件の原因が究明されるまで6カ国協議再開努力を保留する」という内容だろう。

2010年5月17日:海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」沈没の原因を調べている軍民合同調査団がペクリョン島付近の海域で魚雷のスクリューと推定される破片を発見したと、政府関係者が17日、明らかにした。20日の天安艦調査結果発表までに分析し、物的証拠として活用する計画」とし「確認されれば天安艦沈没が北朝鮮の攻撃であることを立証する決定的な証拠になるだろう」と説明した。韓国は20日に予定された海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」沈没事件調査結果発表の直後、国連大使を通して安保理議長に北朝鮮制裁の必要性を明らかにする予定で、米国はすでに、同盟国韓国への攻撃が判明した際は 北朝鮮を敵とみなすと公表しているが、米軍は事件発生直後に偵察衛星からの映像分析で北の小型潜水艦が当時行方不明だったことを公表しており、事件当初から北の攻撃であることは確信していただろう。このことから、米軍は24時間体制で北を監視していることが分かる。中国からもお灸をすえられ食糧支援を断られている。去年9月に食糧支援したロシアは沈黙、日本はとっくに無視した状態で、北は四面楚歌の状態。北はその先軍(軍事優先)政治で墓穴を掘った。

これから先は、今までの例だと韓国は国内の反感を治めるために臨戦態勢に入り、北に多少の被害を与えるが、北は中国から釘を刺されているので大ごとにはできず、中国が調停する形で落着するのではないか。裏では中国が米国に「次はどうしたらいいですか?」と尋ねる姿が想像できる。中国の北をなだめる条件は、平和的事態の収拾を条件にした5月4日の金総書記訪中時に断った北への食糧不足に対する支援だろう。

2010年5月19日:「天安」沈没の原因を調査中の韓国軍民合同調査団は、「天安」と回収した破片などから検出したTNT火薬成分が北朝鮮製という確証を得たことが把握された。これを受け、20日の合同調査団の調査結果発表では「北朝鮮の魚雷攻撃」という表現が発表文に入る見込みだ。 関連ブログ:天安艦事件その後と北の食糧事情

広告

4 Comments

  1. のび子
    Posted 2010年5月2日 at 3:24 PM | Permalink | 返信する

    日本もそのうち撃たれる。

  2. よりばば
    Posted 2010年5月2日 at 11:10 PM | Permalink | 返信する

    大人のケンカで終わって欲しい。北の軍人の挑発に乗らず、北の会談要請にも応じず、46名の犠牲があっても、李韓国大統領のぶれない、大騒ぎしない対応に逆に威圧感を感じます。

  3. 案山子
    Posted 2010年5月3日 at 9:54 AM | Permalink | 返信する

    こんばんは  何でも 疑い 濃いく゜成った らしいてせすよ でも そんなに 簡単に  持ち込まれる ゆようでわ ねーーー数奇 隙 あり ですね

  4. kako
    Posted 2010年5月3日 at 12:51 PM | Permalink | 返信する

     李韓国大統領の態度は 立派!   断固とした判断力をもってるもの。   見習ってほしいハトちゃん・・・

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。