放射線物質コバルト60が行方不明 インド

Cobalt60pencilsstorygrid216x250  インドの首都ニューデリー(New Delhi)にあるデリー大学(Delhi University)が 2月に廃棄処分にしたガンマ線照射装置で被ばくした廃棄物処理業者の男性1人が27日多臓器不全のため病院で死亡した。4月29日の警察発表によると、装置はデリー大学の化学実験室が複数の 廃棄物処理業者に売却したもので、12日に放射能漏れが見つかり現在11人が入院し2人は重体、インド最大のクズ鉄市場のあるMayapuriに近い現場周辺の 住宅地域はパニック状態となったCi100503185631。装置は1980年にデリー大学が輸入したものだが、85年には使用されなくなっており、この2月に競売によって売却され、これを入手した業者らが装置を分解した際に鉛製のカバーを外したため、被ばく。警察はインドの原子力研究所の専門家らの協力を得て、コバルト60を含む放射性廃棄物を除去した。容器(右の)の中にはコバルト60ペンシルCobalt-60 pencilと呼ばれる長さ24cmの細長いペン型の収納ケース(右の)が入っていたが、少なくても3本がまだ行方不明で周辺はパニックになっている。3日現在不明なペンシルは見つかっていない。コバルト60は医療や食品加工の際の殺菌に使用される放射性物質。捜査当局はすでにニューデリー西部のくず鉄市場の15店舗から、コバルト60を検出し、大学は放射線装置の使用資格をはく奪された。。写真左はこの地域の解体業者の店先。売ったカナダの会社にも装置の履歴管理を怠った責任があるとみられる。

1987年にはブラジルで猛毒な放射線物質セシウム137Cesium-137の入った装置がスクラップに回され、多くの死傷者が出たが、コバルト60に関しての事故は2000年にも起きている。

 Ci100503183031 2000年2月に、タイのサムートプラカーン地方で、コバルト-60線源を装着した遠隔放射線治療器が使用不能になった後、長期にわたる管理の怠慢と、さらに、放射線に関する知識が全くない人々の手で、取り壊されたため起こった事故である。不快症状を訴えて来院した複数の患者の容態から、急性放射線症の疑いを抱いた医師によりタイ原子力庁への通報で事態が発覚した。 調査によれば2月1日から約20日間、線源を装着した治療器の所在は不明であった。また、線源は密封状態に保たれていたが、遮へいのない状態で、解体された建物内にスクラップに紛れて放置されていたことが判明。そのため10名の重度の被ばく者が発生し、内3名は治療中に死亡した。左の写真は、見つかった線源を長い棒を使って鉛の容器に収納している様子。

インドはアジアでは自国でウランを産出精製し、原子力、核兵器開発に利用し、核実験も行っている。しかしその環境対策、管理についてはかなりずさんで、以前から問題になっていて無知な多くの住民、子供が犠牲になっている。告発しているサイト   現地レポート   世界の放射能汚染事故 

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2010年5月4日 at 4:58 AM | Permalink | 返信する

    知識のない人々の手に、何の注意書きもなく渡っていく放射性廃棄物。恐ろしい事。廃棄物処理業者が、くず鉄回収業者じゃあ、これからもこのような事件は起こりえるでしょう。ちゃんとした、放射性廃棄物回収業者を国で養成しないと、インド・タイ・ブラジルだけの事件ではすまないと危惧します。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。