爆弾テロ失敗 ニューヨークのど真ん中 容疑者拘束

article-1270402-096725A3000005DC-643_306x423 C415692953 米ニューヨークの繁華街タイムズ・スクエアTimes Squareで1日夜に爆発物を仕掛けた車が見つかった事件で、ニューヨーク市警は2日監視カメラに不審な男(左中)が映っていたことを明らかにした。男は40歳代とみられる白人で、男は爆発物を積んだニッサンスポーツ用多目的車(SUV)の近くで重ね着したシャツを脱ぎ、白煙を上げる車を振り返りながらシャツを袋に入れていた。車からは、3つのプロパンガスタンクや19リッターのガソリン入り容器、2個の目ざまし時計、電池、さらに爆竹、ワイヤーが入った圧力なべが見つかり、ワイヤに接続された大量の化学肥料も確認されたが、8袋のarticle-0-09683340000005DC-634_306x307肥料は非発火性の報道もある。車両と ナンバーが一致しないが、修理工場の車らしく現在調査中。

以上が今のところのまとめで、その後4月上旬に公開されたTTPを名乗るイスラム系組織の米国でのテロをほのめかす犯行声明ビデオも存在するというが、TTPならパキスタン・タリバンで、個人的には装置や計画がずさんで、組織的計画とは信じがたい。車にはキーが付いたままだった。しかし当局は慎重で「テロの攻撃が必ず組織的とは限らず、個人でも起こしえる」と言っている。過去ブログ:TTPの犯行予告今年1月 

この第一発見者はこの辺でバッグなどを路上販売する黒人露天商だった。この辺にはベトナム戦争で負傷した退役兵などの露天商が多いといわれる。まともな職業に就けないせいもあるだろう。彼Duane Jackson 58歳(写真左上)が土曜日の夜、露店を開いている横に止まったSUV車の運転席を見て不審を感じた。なぜならキーが付いたままだった。じきに煙が出てきてポンポンと音がして火薬の匂いがしてきた(爆竹か花火?)のであわてて警官を呼び仲間を避難させたのが始まりだった。彼は今仲間からヒーローと言われている。下の写真は車内を捜査中の爆弾処理班と監視カメラに残っていた走行中の問題のSUV車。車の前に見えるのが彼が売っているバッグなど。観光客のカメラにも犯人の映像が映っているらしく捜査中。爆発装置は素人の作りだが、十分な破壊能力があるそうだ。周辺は10時間にわたって通行禁止になった。 Faisal-Shahzad_714528a

  2010年5月4日:この事件の容疑者として月曜日遅くJFK国際空港John F Kennedy International Airportから中東ドバイへ出国しようとしたパキスタン人 Faisal Shahzad(30歳 写真右)が身柄を拘束された。彼はコネチカットConnecticut州に住み米国市民権を持つが3週間前にこの1993年製日産車を1800ドル(値切って1300ドル)でコネチカット州の男性(女性の記事もある)から現金で購入している。彼は妻のいるパキスタンを5ヶ月間旅行後最近米国に戻ってきたばかりだった。飛行場ではすでに中東向けのEK202便に搭乗しているところを拘束され、同時に拘束された2人は釈放された。機内では乗り込んできた係官に「君らはFBIかニューヨーク警察か?来るのを待っていたよ」と落ち着いた対応をしている。Faisal-Shahzad2_714537a彼は個人の犯行でどこの組織とも関係していないと主張しているが、捜査当局は単独犯行は難しいとの見解だ。飛行場まで乗り付けた車からは口径9mmの銃弾の入ったピストルが押収されている。実はこの逃亡用の車のキーを爆破予定の車に忘れ、合鍵を電車で自宅に取りに戻っている。この時間のロスがなければ逃亡できたかもしれない。コネチカット州ブリッジポートBridgeport, Connecticut の自宅はすでに捜索をされ、ゴミの中から15袋の肥料や花火を発見している。隣人の話では2009年7月までShahzad夫妻(左)と二人の子供、妻の二人の姉妹が住んでいた。ニューヨークのウォールストリート(証券街)に勤務していると語っていたそうだ。出身地のパキスタンのカラチ市では、すでに彼の身内、友人数人が拘束された。FBIの発表では、彼はパキスタン北西部のワジリスタン地区のタリバンのテロトレーニングキャンプに参加したことを自供している。パキスタン空軍の高官の息子で生まれ、19歳で渡米し成績は優秀、ブッシュ政権には反感を持っていたようだが政治的、宗教的になんら注意すべき行動もなく米国の市民権を得て2004年に結婚している。パキスタンの友人親戚も典型的なエリートの彼の今回の行動に驚きを隠せないようだ。上の彼の写真は生まれた子供を抱いている写真。 事件後パキスタンタリバンTTPが犯行の失敗を表明している。

article-1270402-0964B1B0000005DC-917_634x435

article-0-09680E85000005DC-262_634x427ooo

広告

5 Comments

  1. のび子
    Posted 2010年5月4日 at 2:15 AM | Permalink | 返信する

    もうちょっとやったなぁ。。。。なんもなくてよかった。。。

  2. よりばば
    Posted 2010年5月4日 at 4:43 AM | Permalink | 返信する

    退役兵の勘が役立ちましたね。こんな繁華街で爆発してたら、怪我人ナシでは済まされなかったでしょう。

  3. kako
    Posted 2010年5月4日 at 2:16 PM | Permalink | 返信する

     都会のど真ん中での爆弾騒動!   退役軍人を国のために 有効に雇えば。。と思える事件です。

  4. のび子
    Posted 2010年5月4日 at 11:24 PM | Permalink | 返信する

    おじ様かなしいねこちゃん見る?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1478769736&owner_id=3546808

  5. 案山子
    Posted 2010年5月5日 at 1:58 PM | Permalink | 返信する

    本当の ことなんですね 恐ろしい 事です 飛行機 落ちなくて よかったよ ねー

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。