笑ったな、ぶっ殺してやる!って、機械は正直です

article-1274380-0977F4E1000005DC-755_233x381  テロ対策で、アメリカの飛行場には全身を透しするスキャナーが設置されている。それがどうもかなり細部まで透しするようだ。article-0-06CBA52F000005DC-594_468x286

マイアミ国際飛行場の警備員たちがその機械の研修を受けた時、警備員のRolando Negrin44歳もスキャナーを通り抜けた。その映像を見ていたスキャナー担当の同僚Hugo Osorno34歳が、彼の一点を指してかなり質の悪いジョークを言ったらしい。それは研修後も続き、5月4日、こらえきれずに憤慨したローランドは駐車場でその同僚を呼びとめ、謝罪を求めたが聞き入れられず、とうとう警棒で殴りつけてしまった。目撃者の証言では、ローランドはその時スペイン語で「ひざまづいて謝るか、しないならぶっ殺す!」と叫んでいたという。その暴行の罪で翌日出勤した際に警察に逮捕になり、その後保釈金7500ドルを払って保釈された。実は似たような事件はすでに起きていて、3月にはヒースロー空港で同僚の女性をスキャナーで見た操作員の男性同僚が性的な中傷sexual harassmentをしたことで会社から罰則を受けている。写真左はローランド、右はスキャナーの参考写真。2度までも恥をさらしたこの男、何となく気の毒なような、、。

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2010年5月13日 at 8:52 AM | Permalink | 返信する

    ぶっ殺したくなるほど、恥ずかしい物って、何なんでしょう?

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。