③止まらない原油流出

Ci100514091832

Ci100514080053

   写真はメキシコ湾の原油掘削基地が炎上水没し、1500m下の海底で原油が漏れだしている3か所の場所の内の一つの映像。施設を管理している大手石油会社のBP社が公開したもので、5月11日に撮影された。現在もかなりの勢いで原油が噴き出してるのがわかるのが、黒いのが原油で同時に出ている白い泡はメタンガスと思われ、これが爆発の原因と憶測されている。噴き出す原油の回収のために沈めたドーム(TopーHat:写真上 重量約100トン、4階建ての大きさがあるが、事実状失敗だった)内部の結晶化物質もこれで、原油の吸い上げの障害になっている。改良小型化したもので計画続行。(詳しくは過去のブログで)海中の 詳しい映像はここで

article-1277154-09872020000005DC-127_634x382  5月11日、原因究明の米上院エネルギー天然資源委員会公聴会Senate Energy and Natural Resources hearingには、英国系BPアメリカのラマー・マッケイ社長(左端)、掘削請負会社のトランスオーシャンのスティーブン・ニューマン最高経営責任者(CEO)、石油サービスのハリバートンの幹部が出席した。BPアメリカのマッケイ社長は、リグの原油流出防止装置が修正されていたと主張。これに対してトCi100514094148ランスオーシャンのニューマンCEOは、確かに2005年に同装置に修正が加えられたが、それはBPの要請に基づいて行われた、と反論した。トランスオーシャンはまた、リグ爆発の原因はセメント接着作業にあるとし、リグのセメント接着作業に関与していたハリバートンの責任を指摘し、各自が責任のなすりあい状態だ。5月12日、同委員会のワックスマン委員長は、油田の採掘権を持つ石油大手BPが爆発の数時間前に油井の異常な圧力の上昇を把握していながら、対応を怠ったと証言した。その後の経過:関連ブログへ

広告

2 Comments

  1. 案山子
    Posted 2010年5月14日 at 10:14 AM | Permalink | 返信する

    原油  此れ 大変だ ねー日本 近海 の タンカー ゛絶対 こんな事 無いように 願いたいですね

  2. のび子
    Posted 2010年5月14日 at 12:50 PM | Permalink | 返信する

    けっこう長いこと出てるやんなぁ。。止まらんのやろか???勿体無いなぁ

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。