世の中不思議なことはある

Girl 4月半ばの記事だが、最近写真が入手できたので記事にまとめる。それにしてもクニンは風景のいいところだ

:少女が昏睡comaから目覚めると、外国語をペラペラ喋り始めるという不思議な出来事があった。
クロアチア南部のクニンKnin, southern Croatiaに住むサンドラ・ラリッチSandra Ralicさん(13歳:右)が高熱を出しスプリットの病院Split’s KB Hospitalに入院したのは、2月頃のこと。彼女は敗血症を患っていたのだが、幻覚を見るなどした後、昏睡状態に陥った。24時間後には意識を取り戻すことができたが、昏睡から目覚めたサンドラさんは、なぜかクロアチア語を喋ることができず、代わりに流暢なドイツ語fluent Germanを喋るようになっていた。両親の話によると、サンドラさんは学校でドイツ語を2、3年習っただけ。ドイツ語の本を読んだり、ドイツ語のテレビ番組を見たりしていたものの、彼女のドイツ語は流暢というにはほど遠いレベルだった。少女は今も入院中で、家族とお互いにコミュニケーションを取ることができず、かなりフラストレーションがたまっているという。彼女は家族が話す内容は理解できるらしいが、ドイツ語でしか答えることができない。このため、病院側は彼女のために通訳を手配した。

Knin この特異なケースはメディアや医療専門家らの高い関心も集め、なぜ言語がスイッチしたのか解明しようと、様々な分野の専門家が診察のため病院を訪れた。入院先であるKBC病院のドゥヨミール・マラソヴィッチ院長Hospital article-1265433-091AF790000005DC-870_468x340 director Dujomir Marasovicは次のように語っている。「あのようなトラウマtrauma(この場合のトラウマは精神的苦痛か)から回復しつつある時、脳がどのように反応するのか予想することはできません。患者のプライバシー保護のため、今の段階では多くは言えませんが、いくつか理由は考えられます」また、このケースに関わっている精神神経科医、ミヨ・ミラス博士Psychiatric expert Dr Mijo Milasは、「昔なら、これは奇跡と呼ばれたのでしょうが、我々としては論理的な説明があるに違いないと考えたいですね。まだそれを発見していないというだけのことで」と話す。ミラス博士によると、昏睡から覚醒後、突然、外国語を喋るようになった事例は過去にも複数あり、中には、古代のバビロンやエジプトで話されていた言語を喋りだしたケースもあったそうだ。同病院では、謎を解明するべく現在も調査が続いている。

過去には、英国の少女が自動車事故で昏睡状態に陥り、意識を取り戻してから急に17世紀のポルトガルの方言を喋り始め、自分は300年前のポルトガル女性だと言い張り、その氏名と住所を明確に告げたという話もある。少女の話は全て真実であることが、警察のその後の調査で裏付けられている。

広告

4 Comments

  1. のび子
    Posted 2010年5月21日 at 2:32 PM | Permalink | 返信する

    ちょっと死なへん程度にこん睡状態になって英語ペラペラにならへんかなぁ。。。

  2. kako
    Posted 2010年5月21日 at 2:43 PM | Permalink | 返信する

     生まれ変わり、と言う話は聞くけど、昏睡から覚醒して・・は 知りませんでした。   人間の脳の神秘としか いいようがないけど 家族とコミュニケーションとれないのも困る。

  3. 案山子
    Posted 2010年5月22日 at 9:53 AM | Permalink | 返信する

    おばんです 明日 横文字 読めたら いいなーーお薬で

  4. よりばば
    Posted 2010年5月23日 at 1:12 AM | Permalink | 返信する

    私も、思っちゃいました、死なない程度のこん睡状態になってみたいって! 生まれ変わり?生まれ変われる事を信じたいですが、私が生まれ変わった人に特典な~し!母が、「弟の友人が、学生時代にボールが頭にあたる事故のあと、突然成績が良くなった」、という話をよくしていました。脳には不思議がいっぱいなんですね。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。