エア・インディアAir India Boeing 737型機が着陸に失敗

article-1280381-09B39CB9000005DC-452_634x400 article-1280381-09B3BCB9000005DC-331_634x424 インド南西部マンガロールMangaloreで5月22日午前6時半、ドバイ発のエア・インディアAir India Boeing 737型機が着陸に失敗して166人の内158人が死亡した事故は、インド国内では10年ぶりの大規模航空機事故。事故機は、通常の着地地点を約600メートル越えて着地した後大きく振動し、がけ下に落ち大破、炎上した。セルビア出身の英国籍機長(53)の判断や、機体の異常の有無が捜査の焦点になる。

article-1280381-09B38F10000005DC-292_634x286 ひどい航空機事故がまた起きた。少し前の5月12日の飛行機事故では一人だけ生存者がいたが、なんと今回も奇跡的に生き残った方8人いた。生存者の証言では飛行機が大きく2つに大破し、その衝撃で空中に放り出されたり、自力で脱出したという。写真で見れば火災も起きている。着陸のアナウンスでシートベルトをした後の事故で、多くの方が火災で亡くなったのではないだろうか。下の写真は奇跡的に助かった8人の方の一部。右の男性は入院先で食事を取るほど元気で、ほとんど無傷のようだ。左はじの女の子は消火器の泡まみれで救助された。自力で脱出し、近くの村まで行き電話を掛けた方もいる。

article-1280381-09B39EC1000005DC-490_306x525

article-1280381-09B3CD74000005DC-560_306x525

article-1280381-09B3E604000005DC-537_634x420

article-1280381-09B42B97000005DC-428_634x392

広告

2 Comments

  1. のび子
    Posted 2010年5月24日 at 7:52 PM | Permalink | 返信する

    わ。。。。

  2. よりばば
    Posted 2010年5月25日 at 4:11 AM | Permalink | 返信する

    明暗を分けるものは何なのでしょう?必ずしも、いい人が生き残るわけじゃなし…。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。