⑦BP失敗、原油流出止まらず事態は最悪

lll 2010年5月30日、メキシコ湾での原油流出に対して行われたトップキル工法は失敗したと発表があった。これでBPが行ったすべてが失敗に終わった

残るは現在掘っているリリーフ抗から流出パイプへのセメント抽入しかなく、これは順調に行っても8月までかかる予定。原油流出から8月までを120日とすると、現在の噴出量はその後の訂正で1日当り7万バレルと推定されているので、自分の単純計算で8月までには事故時から延べ800万バレル以上が噴出する計算で、歴史上最大の原油汚染とされる湾岸戦争時の400万バレルをはるかにしのぐ量の原油が海中に流れ出ることになる。時間的にも米国東部海岸、大西洋、英国、欧州沿岸、カリブ諸国、南米にまで到達することになり、史上最大規模の汚染問題になりつつある。

図は、最終対策と言われるリリーフ抗からの対策の図解(日本の報道が遅く的確な図がないため、英国紙の図を勝手に修正、加筆してあります 元資料

  更に最悪のシナリオが予想されている。気象学者によるハリケーン(hurricane 大型台風)の発生。250px-Gustav_2008_trackjj で、今年は多発するとの見通しで、もう時期にやってくるハリケーンシーズンhurricane season(6月から11月末)に、このままでは誰も何が起きるのか予想もつかず、その時、現在の洋上での作業も続行できるのか既に懸念されている。2005年のハリケーン・カトリーナHurricane Katrina、2008年のハリケーン グスタフとアイクGustav and Ike in 2008ではメキシコ湾に面するルイジアナ州一帯に大被害が発生したが、今度は原油を含んだ海水が一帯を襲う危険があり、一日も早く流出を止める必要がある。左は2008年の大型ハリケーングスタフの北上した跡で、赤い丸が現在の原油流出場所。台風の通り道の真ん中に流出場所のあるのがよくわかる。通常は8月中旬から10月第1週の最盛期に大部分の嵐が発生し、規模も最大、最悪になることが多い。対策が長引けばそれ自体有害と言われる使用中の分散剤も問題で、米環境保護局は5月24日、BPに対し化学分散剤の量を直ちに減らすよう命じた。こうした化学物質は単に原油を小さな粒子に分解するだけで、原油が広がりにくくはなるものの、原油が海底に積もって生物を窒息死させる危険が高まり、ハリケーンとともに広く海底を汚染する可能性が高い。

2010年5月30日:英国メジャーBPは原油流出対策に既に$940m(9億4千万ドル:855億円)を費やし、株価の減少で5月上旬で2兆円以上の損失を出している。保険請求からみた、これまでで最も大きな損失は1988年の北海のパイパー・アルファ石油生産プラットホーム火災事故で、英ロイズ保険組合はこの事故で、88-92 年に80億ポンド(現在の為替レートで1兆900億円)を負担した。今回の事故でBpが請求する 保険請求が数千億円以上になるのは間違いないだろう。今回のBPの再保険会社はカトリン (Catlin Group Limited)

2010年5月31日:BPは、海底の噴出制御装置BOP(Blow out Preventer)の上部パイプを切断して新しくキャップCapをかぶせ、原油を海上へ回収する案を出し、BPは5月31~1日にかけてこの作業を開始する予定だ。非常に危険な賭けとまで言われているが、BPにはほかに今早急に打つ手がないのだろう。下がその図解で、左から海底のBOP上部の破損パイプ根元を無人操作機で切断、一時原油が大量に放出される。その後、上からキャップをかぶせ、原油を海上へ吸い上げる。失敗すれば以前より大量に噴出する可能性がある。

Ci100531182933

Ci100531183318

Ci100531182831

 

 

 

 

 

2010年6月2日:6月から台風シーズンに入ることから、14から23個発生するだろう暴風雨の内、8~14個は大型台風ハリケーンになるだろうと予測され、その結果現在進行中のBPの作業は中断され、作業船の移動や洋上の作業員をヘリコプターで移動させるなどで最低でも7日から10日の作業の遅れが出るだろうと憶測されている。先行きの不透明からBPの株は1日で17%の下げを記録、すでに巨大企業BPが生き残れるのかと心配する向きもある。BPの最高責任者は、すでに全く事故対策をしていなかったことを認め、その後、安全軽視の現場の証言、事故直後の指揮系統の不在が明らかになっているが、今後自然保護区に隣接した場所での採掘認可自体が違法だった米国の責任が問われるだろう。 その後の経過へ

広告

2 Comments

  1. kako
    Posted 2010年5月30日 at 3:25 PM | Permalink | 返信する

     深刻な問題含みですねーーー  現代の人智をもってしても 自然の猛威にはかなわないんですね~~

  2. よりばば
    Posted 2010年5月31日 at 2:40 AM | Permalink | 返信する

    タンカーの流出事故どころじゃないです!事故対策もないままの掘削、なんと無謀!欲が絡むと、冷静な判断さえできなくなるオロカさ!どんなに愚痴っても、後の祭り…。神仏に祈るしかない。一日も早く、この非常事態が終息しますように!

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。