グアテマラ市の巨大な穴 写真

jjj 南米グアテマラ市の第2ゾーン地区Zone 2 of Guatemala Cityに突如出現した直径30m、深さ20m~60m(深さは報道記事によりバラバラ)の巨大な陥没穴(2010年5月30日撮影)は3階建てのビルをすっぽり飲み込んだ。

2007年にも似た穴が同市に出現し、そのときは下水道施設が破損して周囲の土壌に水が漏出したことが原因だった。「今回もよく似た状況だ」とケンタッキー大学の水文地質学者ジェームス・カレン氏は指摘する。下水管が破損して地盤がゆるんでいた5月末に、中米を襲った熱帯暴風雨アガサの豪雨が重なり陥没した可能性があるという。陥没穴は通常、地下に石灰岩質の岩石層がある場所にできる。地下水による浸食を受けやすいから  だ」と、フロリダ大学の地質学者ジョナサン・マーティン氏は説明する。赤い矢印はそれぞれ地上で撮った写真の方向。 

kk

guatemala-city-sinkhole-2010-stop-sign_21127_big

002_full_600

広告

2 Comments

  1. よりばば
    Posted 2010年6月3日 at 11:41 PM | Permalink | 返信する

    侵食を受けやすい石灰岩質が原因なら、同じ事はまだまだ起きうるって事でしょう?怖っ!

  2. のび子
    Posted 2010年6月4日 at 2:06 AM | Permalink | 返信する

    こわいよ。。。。穴の中にはなにがあるん??

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。