あってはならない買収劇

newsweekscreen-bill.mao-newsweek.jpgkkkkll 2010年6月18日付の中国英字紙チャイナ・デーリーによると、中国のメディア大手、南方報業グループはこのほど、身売り先を探している米誌ニューズウィークに対しいったん買収を提案したもようだ。最終的には断念したものの、同グループは引き続き他の西側メディアの買収を模索しているという。グループ傘下の週刊紙「南方週末」の編集担当者は「提案は自発的なものだ」と強調。一切の政治的な関与を否定した。また、「9カ国語で出版されるニューズウィークは、世界 的なコミュニケー6a00d8341c730253ef010535769298970c-640willション資源と影響力を備え、われわれの目標にふさわしい」と説明している。 

 images 札びら切ってメディアを買収もいいが、アメリカのNewsweek紙とは冗談きついな。どうも本気だったらしいが、OKするわけ無いだろう!いくらなんでも、、。そんで、もし買収されたら、表紙のロゴはこうなるのかと作ってみたが、、。偶然、マイクロソフトのビルゲイツ氏が中国の服を着た写真とか、タイトルが「我らはみんな社会主義者だ」なんて言うバックナンバーがありましたので、いじってみたのが上二つと左のペイリン氏の載った過去の表紙。こうなったかもしれないと思うとぞっとする。ビルゲイツ氏の写真の載った当時の表紙のサブタイトルが「いかにしてに中国で金を作るか、、。そして失うか」と言うもの。実に皮肉なサブタイトルです。右下は元の表紙です。

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2010年6月21日 at 1:06 AM | Permalink | 返信する

    次は、世界の情報も”金の力”で操作するつもり?”われわれの”目標”にふさわしい”?!その”目標”ってのが恐ろしいんです!!

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。