江戸時代に汚職をすれば、、。

現代のように役人や政治家が汚職や不正を働くと江戸時代ならどうなったのか?当時の出来事を現代の新聞風に書いた「日本史瓦版」からの抜粋が下の記事。当時は加担した商人への取り調べが相当厳しかったようだ。当時の天皇と幕府の関係は天皇が任命権者として幕府より上の位置にあるにもかかわらず、天皇の提言にも耳を貸さないという幕府の対応で、ある程度の汚職はあったようだが対応は厳格だったことが分かります。もっとも、当時の下級役人の給与は相当安かったようですが、幕府としては侍が商人になり下がることを相当嫌ったのでしょう。今の役人には公僕としての忠誠心が無いようで、毎日国旗掲揚でもさせた方がいいかもしれない。

Ci100619072358

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2010年6月26日 at 3:11 AM | Permalink | 返信する

    信賞必罰、今こそ必要!

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。