世界は中国に食いつぶされる!

Ci100709074747 Africa’s rhino population has battled extinction for decades, threatened by demand for its horn which is highly valued in traditional Asian and Chinese medicine.

中東のメディア アルジャジーラのヨナ・フル記者Al Jazeera’s Jonah Hullが、アフリカのサイの角がアジア、中国の漢方材料の標的になり絶滅の危機にひんしていると警告している。Africa’s endangered rhinos

  アフリカの奥地まで経済協力などで入り込んだ中国人が現地の貧困に付け込んでアルバイト目的で買い付けるなどが原因で、中国側での積極的な規制がないまま多くのアフリカ、アジア、はてはシベリアCi100709074401のトCi100709074508ラまで漢方材料の犠牲になっている。中国の経済発展に合わせて消費が拡大しているようで、このままでは世界の野生はすべて中国に買いつくされるだろう。左上は中国の漢方材料の研究所。医者と言うより単なる金もうけに目のくらんだ動物虐待集団でしかない。いまだに自粛も規制もしない中国は、貴重で希少な動植物の密輸入に関して中共政府も含め世界一の大馬鹿で犯罪集団と言ってもいい。体に良ければ恐竜の化石まで食ってしまうこの国民につける薬は無いようだ。下左はアフリカサイと無残にも角だけ切り取られたサイの写真。トラもサメも

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2010年7月9日 at 1:25 AM | Permalink | 返信する

    中国も動物愛語法は制定してるようですが…。密猟・密輸入には厳罰で臨んでほしいです。世界での発言力が増している中国、恥ずかしくない行動を!無理かな…。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。