インド製トヨタ 生産迫る

biz1007180101000-p1

エティオスEtiosは、今後も拡大が見込まれるインド市場に向けて専用開発された、トヨタの新型のコンパクトカー。新開発の1.5リッターガソリンユニットを搭載する4ドアセダンと、同じく新開発の1.2リッターガソリンユニットを積む5ドアハッチバックの2種類。目下インドではエティオスの生産工場が建設中で、2010年末には生産、販売が開始される予定。年間の目標販売台数は約7万台とされている。インド国内への導入後は、他の国や地域にも輸出される見通しで、さらに2012年後半の稼働を目指し建設するブラジルの新工場でも同車を生産する。両国では初めて車を購入する層が急拡大している。etios6

外観のデザインなどはそれぞれの国民の好みに合わせて変えるが、ほとんどの部品を共通化。規模のメリットを生かしコストを削減する。インドでの価格は日本円で100万円を切る見通し。両国とも年産7万台でスタートし徐々に拡大。市場の拡大が見込めるインドでは、シェアを現在の3%から10%に引き上げる計画。インドからは中東やタイへ、ブラジルからも南米の周辺国に輸出することも検討。日本メーカーでは、日産のほか、三菱自動車も来年度にタイで生産した世界戦略車を投入する。日産は、国内向けにタイで生産したマーチを逆輸入する。トヨタは仕様の違いなどから日本への逆輸入は無いとしている。日本もインド並みの値段で買えないと、、。そこへ行くと結局税金が高すぎという事になる。

広告

2 Comments

  1. のび子
    Posted 2010年7月18日 at 2:59 PM | Permalink | 返信する

    インド人向けか??よかった。。。。。日本人は乗らない!

  2. よりばば
    Posted 2010年7月19日 at 1:17 AM | Permalink | 返信する

    家族が増えたので、軽からの買い替えを模索中ですが…資金が…。安心・安全な車が安価に逆輸入されたらいいですね。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。