世界最古のシャンパン! löytynyt maailman vanhin samppanja

967438 フィンランドのオーランドÅland諸島付近のバルト海の難破船から世界最古の飲用可能なシャンパンのボトルを発見したと地元ダイバーが2010年7月17日、明らかにした。1780年代に 製造されたとみられる。ダイバーらは13日、海底55メートルに沈んでいた難破船から約30本shampanja_ahvenanma_331012bを発見。スウェーデンのワイン専門家は「これほど古い物は聞いたこともない」と話し、コルクで栓がされ本物であれば1本当たり5万3千ユーロ(約590万円)の値が付く可能性があるという。フランスの大手専門店によると、現存する世界最古のシャンパンは同店が所有する1825年のボトルだという。 今回発見されたシャンパンは、年代と本物かどうかを鑑定するためフランス967440_250x290 の研究所にサンプルが送付された。暗く冷えた(水温約4度)日光の入らない船内は保存に完ぺきに近い条件だったとみられ、岸に戻る前に開けて飲んだダイバーは「最高の味だった」と話した。難破船の船籍は不明だが、ロシアに向けて貨物を運んでいたらしい。

862-SWEDEN_CHAMPAGNE.sff.embedded.prod_affiliate.81 珍しくフィンランドのニュースが入って来たが、なんと200年~230年前のシャンパンが見つかった!どんなボトルで、どんなコルクでと興味が尽きない。写真で見れば230年前も似たようなビンだったんですね。それにしてもコルク栓がスゴイ!!飲んだら少し泡も出たそうです。発泡酒だから長持ちしたとありますが、それにしても230年前!ビンを持っているのは発見者のChristian Ekströmilläさん彼曰く、まだ何本かは海底にあるそうです。中身ですが。コハク色で香ばしく、熟した果物のような煙草の葉っぱのような味、、。良く分からないですが。スウェーデン人の鑑定によれば、98%の確率で1772年創業の今も現存するフランスのVeuve Clicquot社ヴーヴ・クリコ のものらしいです。フィンランド語の記事に気になることが書いてあります。この地域の法律で、100年以上古いもの(恐らく拾得物)は国のものになるとか、、。さて、どうなるんでしょうか。 元記事 ほかフィンランドのローカル紙。

広告

3 Comments

  1. よりばば
    Posted 2010年7月18日 at 2:20 PM | Permalink | 返信する

    590万円を飲んじゃって、勿体無いと思いましたが、100年以上古いものは国のもの、なんて都合のいい法律があるのなら、鑑定が出る前に、知らなかったって事でいっそ全部飲んじゃったがよかったね!

  2. のび子
    Posted 2010年7月18日 at 8:59 PM | Permalink | 返信する

    飲用可能。。。。

  3. kako
    Posted 2010年7月19日 at 2:34 PM | Permalink | 返信する

    さっき、TVニュースで流してたよ。 シャンパンって 古くても飲用可能なのね  一度、飲んでみたいな

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。