歌麿肉筆画 栃木で

J201007270169Ci100728085342

江戸時代の浮世絵師・喜多川歌麿の肉筆画2点が旧栃木市内に代々住んでいた市外在住者の自宅で発見され、2010年7月27日までに栃木市に寄託された。歌麿の肉筆画は40点前後しかなく非常に貴重。見付かったのは「鍾馗図」(縦81センチ、横27・5センチ、紙本墨画)と「三福神の相撲図」(縦82・3センチ、横 39センチ、紙本墨画淡彩)。どちらも寛政3~5(1791~93)年ごろに描かれたとみられる20090219_630245

栃木市内では2007年秋、民家から肉筆画「女達磨図」が発見され、市有財産となったが、「三福神の相撲図」の印章は「女達磨図」と同一の基準印であることが確認された。こういう新聞記事の絵の写真は余りに小さい。紙面の関係だろうが、個人的によく見たいので修正、拡大したのを保存。

広告

3 Comments

  1. 案山子
    Posted 2010年7月28日 at 12:53 AM | Permalink | 返信する

    お早う 御座います ここれわ 値打ち物 ですよ  お相撲さん  天狗  可愛いですね  写真  私も  保存 させて くださいね   此れ 本物 欲しいねー 女達磨図  興味  しんしん

  2. よりばば
    Posted 2010年7月28日 at 4:26 AM | Permalink | 返信する

    女達磨?多分達磨大師の女番と思いつつも、謂れを知りたくて検索したら、”だるま女”でオドロオドロシイ内容が…。しかし、なお検索したら、今回の”女達磨”にヒット!画賛に遊女の修業の厳しさが詠われていると知り、ホッとしました。遊女の修業?は達磨大師の修業に匹敵、と称えている絵らしい。

  3. kako
    Posted 2010年7月28日 at 2:30 PM | Permalink | 返信する

    東京でよく浮世絵展見にいきますが 画家が描いた肉筆画は やはり迫力が違います。 浮世絵の価値、わからない人だと ただのボロとして 捨てられてたでしょうけど、よくぞ 保存されてた、と主に感謝

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。