悲劇の映秀 また大災害にあう

101414853 四川地震災區連日降下大雨,並引發土石流,震央汶川映秀鎮等剛復建完的安置住宅 という中国語記事では 2008年5月の中国四川大地震の震源地汶川(ぶんせん)映秀鎮で大雨の後土石流が発生し復興したばかりの住宅が被害にあっているということだろう。

大雨は2010年8月13日から14日にかけてのもので、土石流で村の中央を流れる長江の主要支流ミン江の流れがせき止められて水位が上昇し住宅地にあふれ、病院は押し流され、再建 したばかりの家宅は浸水し、住宅地にあふれた泥水はその後また川に流れ落ちているのが写真で分かる。映秀は当時壊滅的な被害を受けて1万人の住民のほとんどが死亡し、当時悲劇の映秀と  呼ばれた。。14日午後4時までで41人が行方不明となっており、直接被害を受けた被災人口は3万人に上る。2年前の大地震の被災地と豪雨が同じ場所だった事で、他にも綿竹市など多くの場所で大被害が出ている。当時の四川大地震では8万人以上が死亡した。今回の豪雨では個人的な集計で少なくても1万人ほどが亡くなっていると思われる。写真で見るのは全て大地震後に復興した建物。2010年5月からの中国各地の水害の写真

5786870-2397615

Ci100816071738

広告

2 Comments

  1. のび子
    Posted 2010年8月16日 at 3:00 AM | Permalink | 返信する

    ええ。。。。。

  2. よりばば
    Posted 2010年8月17日 at 11:32 AM | Permalink | 返信する

    なんか、一番左下の写真を見てたら、国土の面積が増えたと、喜んで土砂を埋め立てて、土地造成中、って見るのは、私の思い違い?

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。