北朝鮮訓練用ジェット 中国領内で墜落 脱北?撃墜?燃料不足?

5794867-2400451 北朝鮮の軍用飛行機1機が17日午後4時ごろ中国遼寧省・撫順県拉古満族郷で墜落しパイロット1人が死亡した。中国当局は中国上空まで飛行してきた経緯や事故原因を調べている。対北朝鮮軍事専門家らは、写真の上では、朝鮮戦争当時、北朝鮮軍の主力戦闘機だった旧ソ連製「MIG15」系列とみられると指摘。MIG15は主力からは引退し、現在、空軍の訓練機として使用されていると説明した。

撫順は北朝鮮・新義州から200キロメートルほどの距離に位置する。新義州には朝鮮人民軍の空軍部隊があり、同部隊所属機が訓練中に隊列を離脱し、脱北しロシアに向かっていた途中で方向を見失い、中国上空に入ったものと推定。中国は脱北者を検挙した場合、北朝鮮に送還することから、ロシアに亡命しようと1008180814261508していたのではないかというのが、対北朝鮮専門家の見方。また、中国当局は事故原因を明らかにしていないが、事前通知なく国境 を侵犯した同機を中国側が撃墜した可能性も浮上しているが、別な関係者は「最近、北朝鮮は短距離飛行訓練を中心に実施しており、燃料を満タンにしないで飛行させている」と指摘。北朝鮮から墜落地点まで 約1008180814271508--ss200キロ離れている上、墜落時に機体が炎上していないことから、燃料が切れた状態で墜落したとみられると説明した。また、北朝鮮空軍部隊幹部だった脱北者も「戦闘機訓練は燃料不足のために約30分飛べる状態で行うのが慣例」と話している。脱北という記事が多いが、情報から読み取ればコースを見失しなったか計器故障の上の燃料不足の墜落ではないか?

北朝鮮は昨年11月のデノミネーション(通貨呼称単位の変更)後、経済事情が悪化。最近は中朝国境を流れる豆満江や鴨緑江で、北朝鮮国境守備隊所属の軍人の脱北が増えていると伝えられる。

広告

3 Comments

  1. よりばば
    Posted 2010年8月20日 at 3:08 AM | Permalink | 返信する

    30分分の燃料で訓練?!特攻機じゃあるまいし…。

  2. のび子
    Posted 2010年8月20日 at 3:10 AM | Permalink | 返信する

    パイロットは死んでるの。。。。。

  3. 案山子
    Posted 2010年8月20日 at 6:54 AM | Permalink | 返信する

    こんにちは  油切れ ですよ  燃えて無いもの  ね パイロッと  緊急避難 してないのですか ねーーパラシュウト でねー

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。