ヒトラーはユダヤ系!

2010082504320920

  ユダヤ人迫害を行ったドイツの独裁者、アドルフ・ヒトラーAdolf Hitlerは、DNA検査の結果、祖先にユダヤ人とアフリカ人の系Jewish and African heritageの血筋を持つ可能性があるという。2010年8月24日の報道によると、ヒトラーの親族39人の唾液サンプルから採られたDNAを検査したところ、そのDNAはヒトラーが「非人間」とみなしたユダヤ民族に生物学的に関連するものだった.。ジャーナリストのジーン・ポール・マルダーズ氏と歴史学者のマルク・フェルメレン氏Jean-Paul Mulders, Belgian journalist and Marc Vermeeren, historianが今年、ヒトラーの甥の息子に当たるアレクサンダー・スチュアート・ヒューストン氏(61)や、ヒトラーの従兄弟であるオーストリア人農民、ノルベルトH.らの唾液サンプルを採取し、DNA検査を行った。そのDNAにはY染色体ハプログループのE1b1b系統the Haplogroup E1b1b (Y-DNA) chromosomeが含まれることが明らかに08248206された。この染色体は、オーストリアやドイツなど西ヨーロッパには珍しいもので、ユダヤ人や北アフリカによく見られるものだという。ベルギーのニュース雑誌「Knack」でフェルメレン氏は「(この染色体は)通常、モロッコのベルベル人やアルジェリア、リビア、チュニジアBerbers of Morocco, in Algeria, Libya and Tunisiaなどに暮らす人種に見られるもので、(イスラエル人の中でもヨーロッパから来た)「アシュケナジー」(Ashkenazi Jews)と呼ばれる系統の人々や(南欧や地中海、トルコなどから来た)「セファルディック」(Sephardic Jews)系ユダヤ人にも見られるものだ」と述べている。元記事

日本では有名な漫画家手塚治虫」が漫画「アドルフに告ぐ:1983~1985年週間文春に掲載」のなかで当時のこの仮設を元にストーリーを展開していた。その後一時この説は否定されたりしたが、最新の化学で再度この説が有力として浮上してきた。

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2010年8月26日 at 12:34 AM | Permalink | 返信する

    「アドルフ・ヒットラーの祖父にあたる人間は、ユダヤ人フランケンベルガーだった、という説がつよくなってきたそうである。もし事実だとすれば、ヒットラーは存命中必死にこの汚点をかくそうとしたであろう。」【アドルフに告ぐ】をリンクしてこの文章に出会いました。それがDNA鑑定で裏付けられたわけですね。これが真実だとしても、同情するには、あまりにも非情な事をやってしまったヒトラー。弱い人間の強がりだったのですね。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。