インドでバカ売れのアルト!

maruti-alto-2 インドの自動車メーカー大手各社が9月1日発表した2010年8月の新車販売台数(国内、輸出)は、軒並み前年同月比で20~30%増を記録した。祝祭シーズンを控え、新車需要が伸びを示した形だ。
■インドで最大手のマルチ・スズキ
Maruti Suzukiは過去最高を記録し、前年同月比23.6%増となる10万4791台を販売、過去最高を更新した。このうちインドから他国への輸出は1万2117台だった。

インドでベストセラーカーの日本名アルトMaruti Alto(現地生産:写真右)800cc3気筒、市内走行でリッター21km、高速走行でリッター17~18km。辛口のインドのカー雑誌では、装備は簡素でエアコンを入れればパワーは落ちるが、初めて車をもつ方には最適なハッチバックだと評価している。

Maruti-Alto-K103 同社は8月に1000cc「Kシリーズ」エンジン搭載の「新アルト・K10 :インド名:Maruti Alto K10  (現地生産写真左)1台55万円から59万円ほど」を発売。アルトなど5車種についてはすでに圧縮天然ガス(CNG)モデルを導入している。2009-10年度の「アルト」の販売台数は24万台だったが、新「アルト」の発売で10-11年度は25-30%増を見込んでいる。

8月実績は、インド国産のタタの格安車「ナノ」が224%増の8103台で輸出が好調、国内の商用車販売は20%増の3万5585台。ゼネラル・モーターズ(GM)は同34%増の7941台を販売。シボレー「スパーク」が2481台、シボレー「ビート」が2475台だった。トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は同26%増の6361台。7月末に発売した「カローラ・ディーゼル」がこれまでに約2000台を受注。1年間に発売した「フォーチュナー」も累計1万台を達成した。乗用車2位の現代自動車インディアの8月の販売台数は同2.3%増の5万636台と、大手では1けた台の伸びにとどまった。

広告

One Comment

  1. のび子
    Posted 2010年9月13日 at 3:54 PM | Permalink | 返信する

    55万円て。。。。。なんで安いねん。。。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。