北朝鮮 異例な民間防衛訓練挙行

122111363274616218936 北朝鮮が最近党代表者会遅延で、乱れた内部の雰囲気を引き締めるために全国規模の軍事訓練を行っていると、米国「自由アジア放送」RFAが伝えた。2010年9月15日から四日間の日程で大規模な軍事訓練として、特殊部隊の攻撃に対抗して民間防衛組織が対応する双方訓練をはじめ、民間待避訓練、灯火管制訓練も進行していると伝えた。消息筋はまた、訓練期間は労農赤衛隊員は工場防御を、教導隊員は特殊部隊追撃と掃討、婦女子で構成された「3.18部隊」は負傷兵の治療と戦闘食糧伝達任務を務めると伝えた。RFAによると、北朝鮮の対抗訓練は冬季に10-15日間ほど実施されるが、秋季に短期間の訓練を行うのは異例。軍関係者は「北朝鮮の対抗訓練は一種の民間防衛訓練。大規模な兵力と機械化部隊が移動する訓練は確認されていない」と述べた。写真は2008年の建国60周年で行進する労農赤衛隊。正規軍ではなく、民兵組織に該当し女性が中心だ。

ちょっとまねして足を上げてみたが、日ごろの運動不測のせいかとてもここまで足が上がらなかった。 

広告

One Comment

  1. のび子
    Posted 2010年9月20日 at 1:37 AM | Permalink | 返信する

    まあ、、、うつくしい。。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。